2021年01月27日

GMT Stalingrad '42 天王星作戦

H先輩の希望で、GMT「Stalingrad '42」のウラヌス作戦をプレイ。
本作はキャンペーンの他に、ブラウ作戦、コーカサス戦役、ウラヌス作戦の3シナリオがあり、「一度はキャンペーンを」と思わなくもないが、とても現実的ではない。
今回もH先輩からのお声がけがなかったら、ウラヌス作戦のシナリオはプレイしなかったかもしれない。
だが、やはり途中からのシナリオということもあり、決して多いとは言えないユニットでも、配置リストとにらめっこしながら、一つ一つ探して配置していく作業に一時間以上かかってしまった。

14bd9fd750d294dd3e7918c193c31d8.jpg

例のごとく4人プレイで、H先輩とK先輩がソ連、O先輩と私がドイツを持った。
いざ並べてみると、確かにドイツ軍はスターリングラードと周辺にはいるものの、両翼はルーマニア軍とイタリア軍で、すでに一部攻撃が始まっているところから開始される。すぐにも大穴が開きそうな感じだ。
しかし、赤軍側もよく見てみると、そこここに裏返ったユニットがあり、攻撃力の要であるはずの戦車も予想外に少ない。枢軸同盟軍とは戦えても、ドイツ軍部隊と戦うにはいかにも戦力不足な感じだ。部隊数も決して十分とは言えない感じ。

プレイを始めると、前回プレイした「Holland '44」とルールを混同するところが多く、いちいちルールブックを確認しながらプレイすることに。
「基本設計は同じだけど、ちょっとだけ違う」というのは本当に厄介だ。

赤軍の最初の攻撃で確かに穴は開けられたものの、埋められないほどでもなく、ドイツ軍は少しずつ下がってゆく。
いかんせんソ連軍歩兵の移動力は「3」しかないため、後が続かないことと、ソ連側が部隊を温存して突破戦闘を控えめにしたことが大きい。
結局、28ターン開始で、カラチが落ちてスターリングラード包囲が完成したのが31ターン、スターリングラードの飛行場が陥落したのが33ターンで、36ターンまでにスターリングラードが陥落する気配はなく、時間切れとなった。
ソ連軍は36ターンまでに5VPをとる必要があるが、33ターンまでに取れたのはカラチの1VPだけで、かなり厳しい結果となった。

a8dcbb26e19f4bb77ec29d37e672b93.jpg

ソ連側は、とにかく早々にカラチを落としてスターリングラード飛行場も封鎖した上で、西方に突進、さらにロストフを目指す必要があるが、かなり難しそうだ。しかし、枢軸側が戦線を張れている間はまず無理であり、赤軍は損害覚悟で低比率の攻撃を繰り返す必要がありそうだ。
このリスキーな攻撃が、楽しそうと言えば楽しそうではあるのだが。。。

ヴォロネジ方面は殆ど動きがなかったものの、展開は史実に近く、これはこれで面白いシナリオと言えそうだ。
全体像を理解したところで、もう一度プレイしたいところだが、初期配置の面倒さは何とかならんものか。。。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

新立憲、早速対立分裂

【山梨県議会の立民系会派分裂 県有地問題で対立】
 山梨県議会の立憲民主党や無所属議員でつくる会派「リベラルやまなし」が15日分裂し、議長に2つの会派の結成届が出されたことが分かった。一つは「未来やまなし」で、立民籍の山田七穂、古屋雅夫両氏と無所属の計4人に1人会派「チームやまなし」所属で立民県連幹事長の望月利樹氏を加えた5人。もう一つは「リベラル山梨」で、旧立民県連で幹事長だった飯島修氏と無所属1人の計2人。望月氏は旧国民民主党の県連代表だった。昨年9月の旧立民と旧国民の合流を受け、7人で新しい会派を結成するため協議していた。
 しかし、県が富士急行に貸している県有地の賃料が不当に安いとする住民訴訟で長崎幸太郎知事が原告に同調したことについて、理解を示す山田、古屋、望月氏と、経緯を疑問視する飯島氏の間で対立軸ができ、再編することになったという。
(1月16日、産経新聞)

新立憲はもともと今年の総選挙に向けて弥縫的に統合して成立しただけに、選挙に勝てなければ存立理由を失い、政策対立が深刻化するだろう。
選挙が無い地方議会は、中央の選挙は無縁であり、対立が表面化しやすい。
立憲は次の選挙で一定数を確保できない限り、またぞろ分裂して行くだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

国境開放は奴隷のためだった?!

 菅義偉首相は13日、コロナ禍にあって就任以来推進してきた入国緩和政策を全面停止することを打ち出した。「ビジネス往来」再開を掲げた緩和政策に基づいて日本に入国した外国人のうち、中国、ベトナム、インドネシアの3カ国国籍の人が合計で約7割を占めていたことが、出入国在留管理庁(入管庁)の集計で分かった。3カ国からの入国者の在留資格は、「留学」「技能実習」が計8割強に上った。
 実習生は「技術移転」の名目の下、工場や農林水産業の現場などで就労している。留学生の中にはアルバイトなどで働く人も相当数いるとみられる。いずれも「ビジネス往来」という言葉でイメージされがちな短期出張ではなく、就労や長期滞在を前提とした在留資格だ。
 経済界が求める外国人労働者受け入れに、積極的に応える菅首相の姿勢が反映した入国状況、との見方もできる。
(「コロナ禍の「ビジネス」入国、実態は留学生・実習生 中国・ベトナム・インドネシアが7割」ヤフーニュース、1月14日より抜粋)

菅首相が世論や党内からの要求をはねつけて、国際ビジネス往来=国境開放にこだわり続けたのは、二階派からの強い「奴隷収集」要望があったためだったらしい(記事はそこまでは書いていないが)。
国内にはコロナ禍のせいで帰国できないまま滞在を続けている技能実習生が十分にいるはずだが、脱走に次ぐ脱走で地方では「人手不足」の声が上がっているという。
もちろんコロナ失業も深刻化しているのだが、彼らが必要としているのは「無報酬で労働法が適用除外となる労働力」であることは言うまでも無い。
全体状況でも、同じくコロナ禍で中小企業の体力が低下し、ますます奴隷(実質無報酬の労働力)が必要になっている構図がある。
自民党は、こうした通常(公正かつ合法的な)の経済活動では成立し得ない零細産業に奴隷を提供することで、地域における圧倒的な政治力を担保している。

個人的には、すでに国内でウイルスが十二分に蔓延してしまっている以上、「水際撃滅」の論理は破綻しており、空港での検査と隔離を徹底しすれば、国境は開放し続けるべきとの立場をとっているが、これは自民党議員らの「奴隷収集」目的とは根本的に違うものであることを強調しておきたい。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

全てはドケチゆえに

中国発の“闇流通”も横行、欧米は日本の投資額の100倍 新型コロナワクチンの開発を巡る課題を識者に聞く
(ITmediaビジネス、1月9日)

長いので全ては引用できないが、
米国政府は1兆円を投じ、ファイザーも自腹で2100億円の資金を調達しました。欧州は日本を含む各国から約1兆円をかき集めて投資。中国は国を挙げておそらくそれ以上を投資して開発を急ぎました。一方、日本は20年の2、3月に国としてワクチン開発に使った予算は約100億円程度、しかもこれを基礎研究者、医師主体の評価委員会にかけて、いくつかの産学のチームに振り分けました。投資額だけでも日本と比べて100倍大きい。特に初期投資においての投資規模の格差が明らかにあります。

結局のところ、昭和帝政のドケチ構造=誤った資源配分が全てにおいて失敗と衰退の根源をなしている。

ちなみに日本の科研費における研究計画書の一段審査員の報酬は審査1件あたり500円で、10件見ても5千円。ある先生は「2週間丸々潰して200件見て10万円だった」とこぼしている。なお、香港政府の科研費審査は1件一万円だったという。まぁそういうことだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

判断の遅れは無能だから??

【外国人入国こだわった菅首相、一転「停止」 二階氏の影と「水浸し」批判】
 政府は13日、中韓を含む11カ国・地域からのビジネス関係者らの日本への受け入れを全面的に止めると発表した。菅義偉首相は当初、対象国・地域で新型コロナウイルスの変異株の感染が確認されない限りは受け入れを続ける方針を示していた。ビジネス往来にこだわり続けながら、一転して一時停止に転換した首相。判断が遅れたわけは――。
 (1月14日、毎日新聞より抜粋)

リベラル派は菅首相の「決断の遅さ」を非難するわけだが、この手の「決断の遅さ」や「戦力の逐次投入」にはいくつかの解釈が可能で、一つは「指揮官が無能だから」というわかりやすいもの。
しかし、この批判の殆どは「後世の歴史家」の視点から、全ての情報を持ち、結果を知った上でのもので、とうてい公正な視点とは言えない。

二つは「状況を慎重に見極めていた結果、後手に回ってしまった」場合。例えば、2011年の福島原発事故における避難勧告の遅れは、このケースだろう。逆に、二次大戦中のスペインやタイ政府は「決断しなかった」ことで大戦参加を回避できた。
現実には、1904年の日露開戦を見た場合、ロシア側は対日譲歩を決定して通達しようとしていたところ、日本側は「通達が来る前に開戦しろ!」と急いで旅順を奇襲したことから始まった。その戦費は1980年代まで償還が続いている。つまり、何でも早く決断すればよいというものではない。

三つは、「スタッフや利害関係者の意見をよく聞いて、足して二で割った結果」の場合。近年の組織研究では、日本型組織は三番目のケースが多いという解釈をとっている。1941年12月の対米開戦や1945年8月の日本降伏はこのケースだろう。恐らくは、菅氏の場合も、この三番目に該当すると思われる。
トップによる強権発動が嫌われる社会風土や組織文化の中にあって、リーダーの個人的資質に全ての責任を帰すのはある意味で無責任であり、「対米開戦は全部東條が勝手にやったこと」と同じ過ちを招くだろう。

シミュレーション・ゲーマーなら菅氏の立場を容易に理解できるはずだ。
自分を総理に仕立てた大半の功績は二階氏にあり、その二階からの強い要望を無碍になどできるわけがないのだから。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

(6A)モスクワ攻防戦を再戦

前回のプレイでソ連側が散々な目にあって、ダメゲーの烙印を押されそうになった「モスクワ攻防戦」(6A)だが、O先輩から「少しルール解釈が違っていた」「再検証したい」との希望が上がり、再戦することに。
攻守ところを入れ替えて、H先輩とK先輩がドイツ、O先輩と私がソ連軍を担当した。

初めてのドイツ人で初手の機動に非常に時間がかかった上、ダイス運が無かったこともあり、前線の赤軍司令部は捕捉殲滅したものの、少なくない赤軍部隊を取り逃がしてしまい、戦車にリアクションを許して街道上を抑えられてしまった。
しかし、オリョールは第1ターンに陥落。

第2ターンには前線の赤軍はほぼ掃除完了したものの、肝心の街道上の陣地に残る部隊を取り残してしまい、不十分となった。
南方も慎重を期した結果、せっかく第1ターンにオリョールを落としたのに、戦果の拡大に失敗した。
第2、3ターンは、ソ連側の増援も少なく、独軍を足止めできる程度のユニットしか出てこないが、第1ターンに残った部隊が多かったこともあり、ルジェフやカリーニンの防衛に回す余裕もでき、ツーラ前面にも防衛線を構築することができた。

第3ターンには赤軍騎兵が独第2装甲軍の補給線を扼して進撃を止めた。
第4ターン、北方では独軍がルジェフ、カリーニンに兵力を割り振ったことから、スモレンスク街道の突進力が弱まって、モスクワ外郭陣地で足止めされてしまった。

前回はドイツ軍が出血覚悟で攻撃を続けた結果、ソ連軍は増援を出した端から撃滅されて、常にカツカツの状態にあったが、今回はターンを追うごとにモスクワ防衛線が厚くなって、どうにもならない状況となった。

fbc41f2bad830331870d070e8b86eb5.jpg

f28d72777b6a86822af797a75ad3c68.jpg

結局独軍は第6ターンにツーラに取り付き、モジャイスクを落とすところで攻勢を頓挫させ、第7ターンにはソ連軍が南方と中央で反攻を開始して、第2装甲軍と第4軍の戦線に穴が開いて、独軍が包囲されるところとなって、時間切れとなった。

今回は前回より史実に近い形となったが、第1ターンの独軍の機動・攻撃がパズル的過ぎて、上手く行った場合と不十分だった場合で、振れ幅が大きすぎることが指摘された。
第1ターンの機動は別にしても、独軍はかなり無理攻めをしないと、ソ連軍はどんどん強化されていくので、早めの段階で「突進」を決断する必要もあるようだ。

いずれにしても、「評価は改善されたが、ルールに例外事項が多すぎて、適切に処理するのが難しい」ということで合意された。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

歴史コード的にアウトな件

20210111SS00001.jpg

謙信の最新評価でいえば、越後人的には、小氷河期における人口過多と食糧不足を解消する為に繰り返し関東を侵略して越冬、掠奪と人取りによる人身売買で荒稼ぎして春になると帰国するという、出稼ぎ公共事業のベンチャー・モデルを構築した大名と言える。

私の周囲には先祖代々武蔵ぶ住んでいる人が多く、みな「謙信被害者の会」の末裔であるから、こぞって中小機構にクレームを申し入れてくれることだろう(爆)
ケン先生も関東人の一員として、謙信の神格化には全力で反対します!
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 日本語、日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする