2019年02月17日

(HJ)パンデミック:ローマの落日

「パンデミック」のシステムを応用して、ローマ帝国末期をシミュレートした1〜5人用協力型ゲーム。
プレイヤーは執政官、女祭司、軍務長官、商人などの役割に分かれ、5つの異民族による移民、侵略から帝国を守る。
最終的には部族と同盟するか、非同盟の部族を盤上から抹殺すれば勝利となるが、時間制限があり、間に合わなければ全員敗北となる。
また、ローマが掠奪されたり、文明レベルが崩壊まで落ちても敗北となる。

box_pandemicfallofrome_top_jp.jpg

各プレイヤーは役割が持つ特殊能力を行使しつつ、ローマ軍団を率いて異民族を討伐したり、同盟カードを収集して異民族との同盟を進める。
だが、ローマ軍団には昔日の強さは無く、役職によっても得意不得意があるため、討伐は容易ではない。
カードは各プレイヤーが毎ターン引くものの、同盟相手の部族カードを規定枚数集める必要があり、そのためには盤上の同じエリアにいる必要がある。

pic4299063.png

異民族は各プレイヤーの手番修了後に毎回カードを引いて、新たにコマが置かれるが、最初は2つであるものの、時代が進むと少しずつ増えて行く。
一つのエリアに4つめの同種の異民族ゴマが置かれると「掠奪(パンデミック)」が発生し、文明レベルが一つ低下すると同時に、周囲にその異民族ゴマがばらまかれることになり、さらに状況が悪化する。

この日は5人でプレイ。一回目は4部族と同盟を果たすも時間切れとなって敗北。二回目はプレイヤー間で協力してイベントを駆使して最終手番で5部族との同盟を果たし、ギリギリのところで勝利した。標準モード(三段階ある)でありながら、非常にギリギリのゲームバランスとなっている。

簡単なルールで、1プレイ1時間で終わるシンプルさながら、「ローマの落日」ぶりが見事にシミュレートされている。バランス的にも見事。
異民族の「民族大移動」も、いかにも「それっぽく」再現されていて、まさに歴史教科書や帝国衰亡史を読んでいるかのような気分にさせられる。
ハラハラドキドキする上、面白く、歴史の勉強にも最適だろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

カネも無いのに無償化?

【政府が幼保無償化法案を閣議決定 10月実施へ早期成立目指す】
 政府は12日、今年10月から幼児教育・保育の無償化を実施するための「子ども・子育て支援法改正案」を閣議決定した。3〜5歳児は原則全世帯、0〜2歳児は住民税非課税の低所得世帯を対象に認可保育所や認定こども園、幼稚園の利用料を無料とするのが柱。認可外保育施設などは一定の上限額を設けて費用を補助する。政府・与党は今国会の重要法案と位置づけ、早期成立を目指す方針だ。
 宮腰光寛少子化対策担当相は12日午前の記者会見で「少子高齢化という国難に正面から取り組むため、子育て世代や子供たちに大胆に政策資源を投入する」と述べた。幼保無償化は、安倍晋三首相が平成29年の衆院選で公約に掲げた。財源に消費税増税に伴う増収分の一部を活用する。子育て世帯の負担感を和らげ、少子化対策につなげるのが狙いだ。
 3〜5歳児は原則無償化だが、私立幼稚園の一部は月2万5700円、認可外施設やベビーシッター、病児保育などのサービスは月3万7千円が上限。0〜2歳児は月4万2千円まで補助する。認可外保育所は基準外でも5年間は経過措置として無償化の対象となるが、基準を満たさない朝鮮学校幼稚部などは対象とはならない。また、政府は同日、低所得世帯の学生を対象に大学や短大など高等教育機関の授業料や入学金を減免するほか、返済不要の給付型奨学金を支給するための法案も閣議決定した。
(2月12日、産経新聞)

ポピュリズム的な支持は得られるかもしれないが、ツケを将来に回すだけの筋悪が過ぎる。
年金も医療も国庫負担が増える一方にある中で、政府・自民党は軍拡をも掲げており、消費増税の2%(3〜4兆円)でどうかなる話では無い。
そもそも社会保障費の赤字分(保険料で賄えない分)は毎年1兆円以上増えており、消費増税分など2〜3年で埋まってしまう。
社会保障が保険料で賄えない構造は、いわば底に穴のあいたバケツに水を注ぎ続けるようなもので、そのバケツの中身すら最近では偽装されていたことが判明している。
「10月実施に向けて早期成立」という辺りも、いかにも参院選向けのパフォーマンス的な意味合いを感じさせる。

現実には、幼保無償化はただでさえ困窮を極めている地方自治体にさらなる出費を強要するだけに、地方財政の赤字を加速、インフラの更新を遅らせ、老朽化を進めてしまう恐れがある。そもそも地方に一方的に財政負担を強要する霞ヶ関の手法は、地方自治の原理に反するものでもある。
また、無償化は幼保の質をさらに悪化させる恐れが強い。ただでさえ特に保育分野は恒常的に人手が足らず、保育士などの待遇も改善が進んでいないため、資格を取って就職しても、1〜3年で辞めてしまうケースが非常に多い。そのため、資格を持たないものや高齢者が雇われるケースが増えている。
無償化は、さらなる需要増を生み、幼保の粗製濫造が進み、労働環境が悪化、保育・教育の質が急低下するという流れを生むだろう。

全く愚かしい話である。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 財政、社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

統計不正の背景にあるもの

【専門職の減少続く 人員不足、現場に余裕なく】
 国の統計を巡る不適切調査問題の背景には、統計業務を専門とする「統計職員」の減少傾向もありそうだ。人手不足による繁忙が、ずさんな処理をする動機になった可能性もある。総務省によると、国の統計職員は2018年4月時点で1940人。省庁別に見ると大半の省庁で2009年より減少した。厚生労働省は233人で09年比16%減。経済産業省は245人で同15%減っている。
(1月25日、日本経済新聞より抜粋)

統計不正の発覚により野党がここぞとばかりに攻勢に出ているが、いつものブーメランである。
確かに統計不正は「不正しなければ、組織の命に応えられない」ことの現れではあるが、一方で決定的な人員不足という問題がある。
日本では、例えば公文書管理や図書館の人員が圧倒的に少ないこと、あるいは旧軍において兵站部門が圧倒的に軽視されていたことに象徴されるように、後方部門を軽視する傾向が非常に強い。
今回の統計不正も、統計部門の人員が少なすぎることにも原因がある。

そして、作らなければならない統計データを増やしたのが民主党政権であれば、公務員数の削減を進めたのも民主党政権だった。
公務員数は民主党政権の前から削減されてきたが、民主党政権では仕事を増やした上に、公務員整理を進めたために、政府組織をさらに歪めてしまったところがある。
確かに民主党政権では、自民党政権時に調査されていなかったデータ収集を行うなど良い点もあったのだが、不要になっていると考えられるデータ収集を止めることなく、新たな作業を増やした上に、公務員数を減らしたところが悪かった。
定数削減で真っ先にあおりを受けるのは後方部門で、統計部門もその一つだったと考えられる。
上記の数字を見ても、世界第三位の「経済大国」であるはずの日本で、中央政府の統計専門家が各省庁に200人強しかいないというのは、そもそも無理すぎる話なのだ。

人員が減っているにもかかわらず、業務は増えているのだから、業務を「間引き」するしか他に方法が無かったことは、容易に推測がつく。
こうした背景を考えずに、単に「責任者を出せ!」と騒いでいる旧民主党残党連中は、無責任にも程があろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

名張でHolland '44

行きは中山道から京に入り、帰りは大和路から奈良に入って、東海道を経て伊賀名張へ。
デザイナーの山崎さんと懇談しながらGMT「Holland '44」をプレイ。

マーケット・ガーデンものは超久しぶり。
Combat Commanderのシナリオはプレイしたけど、それは別にして。
前にプレイしたのは、「Monty's Gamble」だけど殆ど並べただけ。はるか昔にHJ社「マーケットガーデン作戦」をプレイしたのが最後かも。
本作の元ネタと言える「Hell's Highway」は無理ゲーっぽかったので未プレイ。
色々と評判の良い作品である。

シモニッチ作品なので、「Ardenne '44」「France '40」などのシステムが援用されているが、近いのは「Normandy '44」なのか。どれも同じ系統のシステムなのだが、微妙にルールが違うところがむしろややこしい。ラテン語とイタリア語とスペイン語みたいな関係だ。
しかも、「France '40」と比べると細かいルールが多く、ルールを読んでいるだけで、「これを全部間違えずにプレイすることは無理では?」と思えてくるほど、特殊ルールが多い。将来的にはAIが審判をしてくれるようになるのだろうが、まだまだ先の話だろうし。

1ユニット=中隊〜旅団(概ね大隊か)、1ターン=6時間(夜間は12時間)、1ヘクス=約2km。
キャンペーンシナリオは全20ターンで、マーケットガーデン作戦の6日間をシミュレートしている。

他の二人は経験者だが米英(英30軍団+英空挺、米空挺)を担当され、初めての私がドイツ軍を担当。
まぁこれくらいのバランスの方が本作では良いのだろう。もともと「遠すぎた橋」なのだから。
ルールを確認しながらプレイするが、例外事項や特殊な選択肢が多すぎて、ルールとにらめっこしている時間がやたらと長い。

第一ターンの英30軍団による突破は「それっぽく」成功したものの、ルールの解釈ミスもあって、独軍はダメージを受けつつも整然と退却していく。
3個の空挺師団は概ね降下に成功するも、アルンヘム鉄橋に対する攻撃に失敗し、いきなり危険な状態に。
ドイツ軍による橋梁爆破は、第一ターンはペナルティが入っているものの、どういう訳か重要なところでは必ず成功し、最初から暗雲が立ちこめる。

WeChat Image_20190210141836.jpg
第一ターン終了時のアルンヘム

第三ターン(二日目朝)と第六ターン(三日目朝)には、ドイツ軍(私)の気象兵器が炸裂して、「大雨、曇天」となり、後続部隊が「待機児童」と化した上、航空支援が1個だけという悪夢のような展開。
しかも、アルンヘム鉄橋が独軍に抑えられているため、援軍がスルスルとすり抜けて、ナイメーヘンに突入、ドイツ軍がアルンヘムもナイメーヘンも抑え続けるという、「話が始まりもしない」展開に。

正面攻撃を担当する英30軍団も、独軍の遅滞戦術にはまって、損害を続出させた上、遅々として進まず、第六ターンにようやくアイントホーフェンに到達するというレベル。
これが事前演習であれば、「はい中止」で皆助かっただろうに。。。
第六ターンには、30軍団と接続できていない空挺部隊は全て補給切れになってしまうため、「これは無理」ということに。

WeChat Image_20190210141844.jpg
第5ターン終了時のアイントホーフェン

WeChat Image_20190210141849.jpg
第6ターン終了時の英第一空挺師団

10時半くらいから始めて、18時までプレイして第六ターンの連合軍まで(独軍が後攻)。
いくら私が初めてとは言え、とても良好なプレイアビリティとは言えない。慣れても、せいぜい10ターンまでが良いところで、20ターンまでの設定はかなり無理がある感じ。
しかも、終わってみると、抜けている(忘れていた)ルールがいくつも発見された。
いや、確かに雰囲気は良いし、史実再現性も高そうで、決して悪いわけではないのだが、いかんせんルールが細かすぎる上、見るところが多すぎて、どうしても時間が掛かる。
連合軍は、英30軍団のほか、三個空挺師団それぞれ別の戦線として管理する必要があるし、それはドイツ軍も同じだからだ。実質的に戦線が4つあるようなものなのだから、全体のルールはできるだけシンプルにすべきだったのでは無いだろうか。

まぁ本来の作戦計画が「72時間以内にアルンヘムに行く」だったので、本作的には「第9ターンまでにアルンヘムに届かなければ負け」ということなのだろうが、であれば20ターンまである「キャンペーンシナリオ」の設定は何なのかという疑問が生じる。
シモニッチ氏の気持ちは分からんでも無いが、色々盛り込みすぎて、管理が難しくなってしまった観が強い。決して悪くは無いのだが、なぜ「フランス'40」レベルにできなかったのだろうか。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

ちょっと関西へ

色々な用件が重なって、ちょっと箱根の向こうに行くことに。
まず元ボスの地元事務所に挨拶。夏は渡航準備で忙しく、挨拶に行けなかったためだ。

WeChat Image_20190210102152.jpg
路面バスで立ち寄った多賀SAにて信楽焼

次いで京都へ。
白井同志と情報・意見交換するためであるが、京都国立博物館で公開されている「天皇の即位図」が見たかったこともある。
京国は、私が大好きな三十三間堂に近く、京都駅から歩いて行けるという利点もある。

img_emperortop2018_ja.png

京都国立博物館は何十年ぶりかだったが、旧館は閉館。新館での展示になっており、少し残念。
しかし、常設展を含め、展示の質は非常に高く、改めて弾丸ツアーながら、京都に来て良かったと思う。

WeChat Image_20190210102233.jpg

WeChat Image_20190210102229.jpg

WeChat Image_20190210102237.jpg

さらに錦市場で土産を買い、夜同志と合流、痛飲。バーでは、次々と「先生、先生」と人が寄ってきて、プチ芸能人状態だった。
私が多少心配していたのは、東京から京に移住した同志がいじめられていないかというもの。
先日逝去した梅原猛は、京都人を自負し、京都学派を代表して名誉市民号まで得たが、現実には死ぬまで京都の名士たちから「外人のくせに」といじめられ続けたという。だからこそ、梅原は一層自らが「京都人」であることを強調し続けなければならなかったと言われる。
幸いにして、同志は「最初から外人扱いされてるから大丈夫」とのことなので、変に同化しようと考えないから良いみたいで、安心した次第。
京都は旅行で行くには良いが、とても住めるところでは無いと思う。
posted by ケン at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーで開催中の「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」に行く。

00091912.jpg

葛飾北斎の展覧会は一年中どこかでやってそうなくらいのイメージだが、本展は非常に見所が多く、足を運ぶことに。
2000件を超える北斎と北斎派のコレクションを所有していた北斎研究家(コレクター?)の故・永田生慈氏が企画したものだが、ご本人は企画中に亡くなられている。
ごく初期の作品から90歳で逝去する年に描かれた作品まで、70年近い年月を「アップデート」してきた北斎の画家人生を追っている。

WeChat Image_20190210100153.jpg

50代にして先を見据えて画の教本を書いたのに、そこから画家人生をさらに30年以上も続け、特に70代以降の肉筆画の迫力たるや鬼気迫るものあり、西洋画のような写実性ありで、「アップデート」ぶりがよく分かる。
90年の人生で70回も転居を行い、89歳にして江戸と信濃を往復する(もちろん徒歩)など、人間離れしたアクティビティは、空海やレオナルド・ダ・ヴィンチに通じるものがある。
非常に見応えのある展覧会である。

WeChat Image_20190210100202.jpg
ヒルズから見た東京の夜景。左手に新宿、東京都庁。左下に青山墓地と米軍麻布基地。
posted by ケン at 10:20| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

珍作?ロールプレイヤー

一部でコアな人気を誇っているという「ロールプレイヤー」(THUNDERWORKS GAMES/アークライト)をプレイ。
その評価はネットで見る限り色々微妙だった。

「キャラを作って冒険に出ない」
「ダイスを選んで配置するだけ」
「装備は揃えるけど戦闘はしない」

何が面白いのか分からないが、面白そうなのだ。
確かにTRPGの楽しさの半分はキャラメイクにあると言っても過言では無いから、分からないでも無い。

WeChat Image_20190205120151.jpg

プレイヤーが選べるのは種族だけで、あとの属性、職業、背景はランダム。
プレイは、筋力や敏捷力などの特性値を場に出ているダイスを取って、自分のキャラクター・ボード上に配置、特殊効果を使ってダイス目を操作し、18個のダイスが配置し終わった時点で、キャラクターが有する名誉点(VP)を計算、最も高かった者が勝利するという仕組み。
職業によって特性値の要求数値が決まっていて、例えば「筋力17=3名誉」とある場合、16以下でも18でもダメで、ぴったり「17」にしないとVPが得られないため、様々な「調整」が必要となる。

各プレイヤーは毎ターン場に出ているダイスを選んで自分のボードに配置するが、数字の低いダイスを選ぶと先に装備品などの買い物ができるし、職業によって定められている自分のカラーのダイスを選んで配置すれば、それだけで1VPになるため、ダイス選び一つなのに、非常にパズルチックな思考が求められる。
また、ダイスを配置する際、配置先で実行できる特殊効果が変わる。例えば、筋力に配置するとどれか一つのダイスをひっくり返す(ex:1を6にする)、知力に置くとどれか一つのダイスを振り直せる、などなど。

さらに市場で装備品や、何故か技能や特徴(性格?)が買えるのだが、そこにもVPだけでなく、特殊効果を持つものがあり、色々考えることが多い。
基本的には一人プレイなのだが、他人に取られたくないものを先に取るなどの邪魔をする要素は多少ある。
実際プレイして行くと、「あ〜〜敏捷力が高すぎる!」「魅力が1足りない!」「スリをした後にヒールします」など笑える話が続出する。

1プレイ45〜60分とあるのだが、初プレイではその2倍くらい。2回目でも2人プレイながら1時間以上かかっているので、意外と時間は掛かる。考え出すと止まらないところがあるからだ。
この日はT後輩と2回プレイして、互いに1回ずつ勝利。バランスは悪くないようだが、趣味に走ってしまうと苦しそう。
ちなみに自分が勝利したのはこんな感じ。

WeChat Image_20190205120159.jpg
エルフのバード。悪党なのに善。スリとヒールと恫喝の技能。革鎧一式になぜか全身盾。意外と「それっぽく」できるのが面白い。

考えることは多いのだが、重いという感じでは無く、随所に笑いが見られ、色々な斬新な処理が面白い。
ゲーム歴40年近い私が、「これはちょっと斬新かも」と思えるのだから、奥が深いのである(笑)
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする