2015年08月04日

10月総選挙の議席を想定する

安倍内閣の支持率が急落している。今後、さらに下がった場合、9月に安保法制を強行採決して成立させた後、解散・総選挙に打って出るのではないか、という観測が一部で上がっている。これは、かつての岸内閣が日米安保の成立後に総辞職したのに対して、安倍氏は辞職せずに衆院解散して「祖父超え」を目指すだろうという読みに基づいている。

ケン先生的には、先の総選挙が先々回から2年で行われ、今度1年も経ずに行われるところに引っかかりを覚えるし、自民党が負けると分かっている選挙を行うとも思えない。もっとも、安倍氏を辞任表明させてN田S子などに総裁を替えて選挙するというなら話は別だが、今回の話はそうではない。
とはいえ、「自民党が負けると分かっている」と必ずしも言えないところもある。これは小選挙区のマジックに起因するもので、野党が分裂する中で選挙をやる限り、少なくとも小選挙区では自民党が勝つという読みに基づいている。
そこで、想定してみよう。括弧内は前回獲得議席。

【小選挙区】
自民党:200〜215 (223)
KM党: 6〜8 (9)
民主党: 45〜60 (38)
維新党: 7〜9 (11)
NK党: 1〜2 (1)

【比例区】
自民党:45〜55 (66)
KM党:18〜22 (26)
民主党:40〜45 (35)
維新党:20〜25 (30)
NK党:25〜30 (20)


こうして見ると政権与党は最小でも269議席、最大で300議席が見込まれるだけに、「やるなら今だ」と総理が判断してもおかしくない。
「この数字は自民党に有利すぎだろう」という反論はあるだろう。だが、内閣支持率の低下に比して自民党の支持率は同じほどには下がっておらず、深刻なのはNK党を除く野党の支持率が殆ど上がっていない点である。それを考慮すれば、比例区で自民党の最低数と民主党の最大数を同じに設定したのは、「民主党に有利すぎ」と言われても仕方ない位なのだ。

結局のところ、小選挙区制で野党が分裂している限り、自民党が崩壊しない限りは自民党が勝ち続ける構図になっている。これを回避するためには、民主党からNK党に至る野党が統一戦線を組むしかないが、個人的には右翼権威主義に対抗するために左翼全体主義と連携することには反対する。民主党が党内保守派を追放し、中道路線を明確にすれば済む話だからだ。
posted by ケン at 12:40| Comment(2) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする