2015年08月08日

出口先生のご冥福を祈ります

【<訃報>出口裕弘さん86歳=作家、元一橋大教授】
 ジョルジュ・バタイユなどの仏文学翻訳で知られた元一橋大教授で作家の出口裕弘(でぐち・ゆうこう<本名・やすひろ>)さんが2日、心不全のため東京都内の病院で死去した。86歳。葬儀は近親者のみで営む。お別れの会を後日開く。自宅は東京都調布市若葉町1の1の41。喪主は妻紀子(のりこ)さん。
東京・日暮里生まれ。旧制浦和高時代の友人、渋沢龍彦の影響で仏文学に傾倒。1952年、東大仏文科卒業。67年に翻訳したバタイユの「有罪者無神学大全」が、三島由紀夫に激賞された。
 70年に一橋大教授就任後、商業文芸誌に小説を発表。83年、エッセー「ロートレアモンのパリ」が好評を博し、97年に渋沢との交流を描いた「渋沢龍彦の手紙」が話題を集めた。三島や太宰治、坂口安吾の研究でも知られ、2007年に評伝「坂口安吾 百歳の異端児」で伊藤整文学賞などを受賞した。主な著書に「ボードレール」「三島由紀夫昭和の迷宮」など多数。
(毎日新聞、8月3日)

出口先生のご冥福を祈ります。私がジョルジョ・バタイユに耽溺できたのは先生のおかげ。バタイユを「読める日本語」に翻訳した功績は今もって余人に代えがたいものがあります。ユイスマンスは挫折しましたが。あまり著作は読んでいないのですが、評論は個別にけっこう読んだ記憶があり、古風な文学者の趣を残された最後の世代のように思えます。
まだ読んでいない『坂口安吾 百歳の異端児』を読んでお偲び申し上げます。
posted by ケン at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする