2015年11月07日

連続殺鯉事件

この間わが家を震撼させてきた「連続殺鯉事件」。
庭池の鯉の数が合わず、かといって死体も確認されず、池の端が水びたしになっていることから、当初、犯人像は「ネコかカラス」と思われてきた。だが、先日未明、家人が未遂現場を目撃、真犯人は「アオサギ」であることが判明した。
まさか東京の、しょぼい庭池に飛来していたとは想定外もいいところ。確かに野川ではよく見かけるようになったが……
急遽対策会議がもたれ、「(セッターのような)鳥撃ち犬の導入」と「フェンスの設置」で意見が分かれ、財政上の理由から後者に決定されたものの、わが家の防衛力増強という点では一致を見た。
冤罪容疑を掛けたネコ殿とカラス殿には心からお詫び申し上げる。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする