2015年12月12日

12月の読書計画(2015)

来年早々に国会が始まってしまうので、今のうちに休暇もとって重めの本は読み進めておきたい。

kakokokuhuku.jpg
『過去の克服−ヒトラー後のドイツ』 石田勇治 白水社(2014)
先に『顔のないヒトラーたち』を観て、一度ドイツがどのように「過去の清算」を行ってきたか学ぶ必要があると考えたところ、学術的に耐えられそうなのは本書しか無かった。本書では、1940年代から80年代にいたる過程で東西ドイツが、ナチズムの「犯罪」と向き合い、イデオロギーを克服していったかを検証している。西ドイツといえども、常に「逆コース」や歴史修正主義の圧力が存在し、それと(今も)戦い続けながら、今日の欧州における地位を確立したことがよく分かる。また、東ドイツについての記述があるのも良心的だ。

kakukokukyouhan.jpg
『各国陸軍の教範を読む』 田村尚也 イカロス出版(2015)
第二次世界大戦で用いられたドイツ、フランス、ソ連、日本の各陸軍の師団から軍レベルの運用に関する教範を分析して、各国軍の戦術、ドクトリンを(比較的)素人にも分かりやすく解説している。一般的にはボロクソに言われがちなフランス軍や日本軍でも、当時者たちは当時の軍の立ち位置や国際環境から合理的に判断してマニュアル化していたことが分かる。逆にソ連などは、これだけ先進的な教範がありながら、実戦に十分反映させられなかったことが哀しい。

『人間・始皇帝』 鶴間和幸 岩波新書(2015)
歴史学が止められないのは、どんな昔のことでも新発見がなされ、解釈が変わるところにある。後世の人間としては「事実」そのものが変わってしまうのだから、ますます想像が広がってゆく。本書は、従来『史記』を絶対的資料としてきた秦・始皇帝の歴史を、新たに発掘された竹簡や他の資料を精査することで、批判的に解明している。もともと『史記』は、前漢の正史であるだけに、漢朝の正統性を誇示するために秦朝の不倫と暴虐を強調する必要があった。秦朝期の一次資料を見てゆくと、やはり細かいところで『史記』とは大きく異なっており、始皇帝についても従来の暴君像の修正を迫っている。『キングダム』ファンは必読だろう。司馬遷も「鄭国渠を建設したことで関中の経済力が盤石となり、統一の基盤となった」旨を述べているらしいのだが、私も一度は見に行きたいものだ。

『戦後労働史からみた賃金−海外日本企業が生き抜く賃金とは』 小池和男 東洋経済新報社(2015)
労働経済学大家の小池先生による賃金論。日本の賃金制は果たして年功序列型だったのか。なぜ職務給では無く、職能給が広まったのか。成果主義はどうして失敗したのか。賃金制度だけでなく、労働史全体から俯瞰しているため、納得度が高い。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする