2015年12月31日

衆参同日選挙の何故

某同志に「来年の衆参同日選挙って本当にあるのかなぁ。衆議院で3分の2を有している現状で、それを失うかもしれない賭けに出るとは思えないんだけど、KM党も反対してるわけだし」と言われる。確かにそれは一理ある。私も自説を絶対視するものではないが、それでも衆参同日選の可能性は非常に高いと考えている。

その理由として、再来年2017年4月の消費再増税の後は景気が悪化する可能性が高く、いずれにせよその前に選挙せざるを得ないが、そうなると選択肢的には、夏の同日選か晩秋ないし冬ということになる。同日選をやらないとすると、選挙は2回に分けて行われることになるが、その場合、仮に参院選で自民党が大勝すると、有権者のバランス感覚が働いて野党が有利になる可能性が高い。すると、自民党は負けないまでも、現有議席の維持は難しいかもしれないのだ。

また、野党側から見ると、民主党は、選挙実務の大半を労働組合に依存しているので、同日選は非常に不利となる。労組の組織力は自身の参院候補に投入されるため、衆院候補の支援まで手が回らなくなるからだ。同様の事情は、自民党の業界団体にも共通するところはあるものの、自前の組織力を持つ自民党は地力の差で民主党を圧倒するだろう。資金力の点でも、自民党には財界から献金が溢れかえっており、民主党を圧倒、不安は無い。

そして、安倍首相の心情を鑑みた場合、任期4年の衆議院で解散権を持っている中で、「確実に勝てる半年後(任期一年半)」と「政治情勢が見通せない3年後(任期四年)」の、どちらで勝負を賭けるのか(ダイスを振るのか)、という話になる。ゲーマーなら大半の人が前者を選ぶだろうが、これは「どうせやらなければならないのであれば、確実に戦果が上げられる時にやる」という発想である。悪い例になってしまうが、太平洋戦争における日本の真珠湾攻撃が、まさにこの発想だった。
確かに衆議院の3分の2を失ってしまうと、仮に参議院で3分の2を確保しても改憲できなくなってしまうので、リスクがあることは間違いない。だが、勝負をするというのはリスクを取ることを意味する。夏の参議院選挙で3分の2を得られないのであれば、衆議院だけ3分の2を持っていても大きな意味はなく、この点でも勝負する価値がある。

KM党については、軽減税率において官邸が、自民党内や財務省の反対を押し切って強行したことで十二分に恩を売っているだけに、その点を指摘してやれば、KM党は渋々OKする以外に無いだろう。

そうは言っても、まだ半年あるだけに、最終決断はもっと先のことになるだろうが、来年4月に行われる衆議院補欠選挙(北海道)の結果が、大きな目安となるであろう。

【追記】
本年もご愛読ありがとうございました。良い年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
posted by ケン at 19:53| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする