2016年01月07日

ロシアン・スナイパー

russiansniper_.jpg
『ロシアン・スナイパー』 セルゲイ・モクリツキー監督 ロシア・ウクライナ(2015)



この年末年始はまとまって休めたので、録りためたアニメや借りてきたDVDをまとめて見ることができた。その中でもわざわざ「外した」一作を先に紹介する辺り、我ながら自分の「ロシア帰り」的な屈折を覚える。
本作は、二次大戦における女性狙撃兵として、「戦果309人」を上げてソ連邦英雄となったリュドミラ・パヴリチェンコを主人公に据えている。邦題を見ると、『アメリカン・スナイパー』のパチモンにしか思えないので失敗だろう。とはいえ、原題は「Битва за Севастополь」(セヴァストポリの戦い)であり、これはこれで「クリミア戦争?」と勘違いしてしまうので、名付けに苦労はしたのだろう。でも、この邦題は無い。

何がダメかと言えば、ロシア映画なのに本作が「ハリウッド」になってしまっている点だ。回想に始まり、回想と本編を繰り返しながら、現在(作品上の)へと繋がる展開、ムダに力点が置かれている恋愛シーン、やたらと派手なCGもさながら、全体的に「こんな凄い人がいたんですよ、感動ですよね」みたいな「感動の押しつけ」。「これじゃない〜」観がハンパ無いのだ。
ソ連・ロシア映画の特徴は「低感動」「地味」「自虐的」であるだけに、「ロシア人がハリウッド映画撮れば受けること間違いない」と勘違いした結果であることが丸わかりなのだ。

確かに個々の戦場描写はなかなかリアルだが、「リアル」を意識しすぎて皆「どこかで見たような」映像になってしまっている。また、CG映像も良く出来てはいるのだが、どうしても「一狙撃兵の話にそこまで派手なCGが必要なの?」と思ってしまう。要は描写過剰、演出過多なのだ。高度な撮影技術や映像をつなぎ合わせれば良い作品ができるわけではない、という一つの例かもしれない。演技的に悪くないだけに惜しいものがある。本作と比較すると、『ホワイトタイガー−ナチス極秘戦車・宿命の砲火』の方がロシア映画の伝統を引き継いでいる点でよほどマシだったと言える。そもそも「ロシア人と英雄(ヒロイズム)」という組み合わせにも違和感があり、そのロシア人が「英雄の悲劇」を描こうとした点も失敗の理由だったかもしれない。
とはいえ、『戦争は女の顔をしていない』を読んだものとしては、女性兵士の戦場参加というものがどのようなものであったかを視覚的に確認する素材として評価したいとは思う。

もう一つ、ウクライナ内戦(休戦)中のこの時期に、ウクライナ女性を主人公に「セヴァストポリ要塞戦」を舞台にした作品がつくられた背景を考えると、やはり「ロシアとウクライナは一つなんだ」というプロパガンダ性が透けて見えてしまう。この点も「何だかなぁ〜」と思わせる一因になっているようだ。
色々と「残念」な作品である。
posted by ケン at 12:40| Comment(4) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

ラビリンスやらずとも同じ結論

【対テロ戦争、「勝者はテロリスト」 米世論調査】
 米国率いる有志連合が2001年の米同時テロ以来続けてきた対テロ戦争は、テロリスト側が勝利を収めつつある――。そう考える米国人がかつてなく増えている傾向が、CNNとORCが28日に発表した世論調査で浮き彫りになった。欧米諸国で過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」によるテロ事件が相次ぎ、テロ対策を巡るオバマ米大統領への信頼は揺らぎ、来年の米大統領選を控えて共和党の候補者は有権者の不安をあおる。
世論調査では74%が、対テロ戦争の進展に満足していないと回答。テロリストが勝利しつつあると答えた人は40%に達し、これまでの最高だった2005年8月の数字を17ポイントも上回った。オバマ大統領のテロ対策については60%が不支持を表明、ISISへの対応についても64%が不支持だった。
イラクでは政府軍が米軍による空爆の援護を受けて要衝のラマディをISISから奪還した。米政府はこの勝利について、イラク軍の「勇気と決意」の証しだと称賛。ホワイトハウスにはISIS撲滅のための軍事戦略だけでなく、テロに対する不安の増大を巡る米国内での政治戦争を制する作戦も求められている実態を見せつけた。
(12月29日、CNN)

GMT社の「ラビリンス−テロ戦争」をプレイすれば分かると思うが、仮にアメリカがシリアに武力介入して、アサド政権とISISを倒したところで、イスラム国はイラク領内に避難、テロ組織は細分化してリビア、イエメン、スーダン等に逃亡するだけの話であり、その後シリアに安定した政権が樹立されない限り、また戻ってきて以前よりも酷い状態に陥る可能性がある。アフガニスタンとイラクの現状がまさにそれだからだ。むしろ、そこにシリアが加わる上に、不安定要素がさらに飛び火・拡散することになる。
そして、ジハーディスト側は「聖戦」として、欧米諸国に対するテロ攻撃を正当化し、中東地域やイスラム教徒の中で支持を広げて行くことになる。欧米側はテロ攻撃のいくつかは阻止できるだろうが、ジハーディスト側は一つでも成功すれば「十分」なのだ。

また、ジハーディストによる欧米攻撃は、中ロにとっては「僥倖」であるため、表では非難しつつも、裏では支援することになる。特にロシアにとっての死活問題はウクライナであるだけに、ウクライナから欧米の目をそらすためもあってシリア・アサド政権に軍事支援を行っている。これ自体は「反イスラム国」ではあるのだが、その結果としてパリでの連続テロ事件が起き、全欧州の目はウクライナを離れて中東に向けられた。そして、中東紛争が激化するにつれて、難民が増加、欧州になだれ込んで、さらに不安定化が進んでいる。欧州の不安定化は、自らの武力行使のハードルを下げる。「ラビリンス」的に言えば、外交路線が「ソフト」から「ハード」へと傾き、中東における武力行使の頻度が高まることになるが、ジハーディスト的には「欧米軍が存在しないところを叩く」というだけの話であり、むしろジハードの正当性が証明されて支持者が増えると考えるだろう。

2003年にイラクに侵攻した米軍が撤退したのは2011年のことであり、アフガニスタンには侵攻から14年を経た今も公称で1万人が駐留している。両国ともに米政府が立てた傀儡政権は実質的な支配力を失っており、内戦は激化するばかりで、安定から程遠いところにある。安定という点では、バース党やタリバンが支配していた時の方がよほど安定していただろう。つまり、欧米が強要した「自由」とは何のことはない、無秩序でしかなかったのだ。これではどう取り繕うと米欧による武力介入を正当性することなどできないし、そのことが逆にジハーディストに正当性を与えてしまっている。

こうした非対称戦争の構図は、ベトナム戦争やソ連によるアフガニスタン戦争、日本人の記憶的には日中戦争が当てはめられるが、現在でも変わっていない。非対称戦争を終わらせるためには、紛争当事者が互いに互いを交渉相手と認め、介入者が撤兵することが条件となる。そして、武装解除や外国軍の撤兵、双方が合意できる統治機構の有り様を探ることが必要だ。アフガニスタンやイラクのケースは、大国が武力で一時的に独裁者やゲリラ・軍閥勢力を駆逐したところで、国内の合意なき新政権は傀儡化して長くは続かないことを示している。
また、ソ連におけるボリシェビキが戦時体制から脱却できないまま延々と続いたことや、中国で共産党政権が成立してしまったのは、欧米列強や日本が軍事介入したことが原因となっていることも考慮すべきだ。

話を戻そう。記事にある世論調査の結果は、「オバマは手ぬるい」と見ている者と、「不介入のモンロー主義に戻るべきだ」と考えている者が、「不支持」を表明していると見るべきであり、必ずしも私のように「どうせ勝てないから止めるべきだ」とは考えていないだろう。ベトナム介入に懲りたはずのアメリカで、性懲りも無くアフガニスタンやイラクに対する武力行使が圧倒的な支持を受け、その失敗を経てなお、さらにまだ相当数の市民がイスラム国に対する直接攻撃を望んでいるというのはナゾであるが、テロ戦争の実態が殆ど伝えられていないと考えるべきなのだろう。その意味で腐敗したマスコミの責任は重く、マスコミが腐敗した国は全体主義国家と同じで、政策の修正ができなくなり、同じ過ちを繰り返してさらに状況を悪化させてゆくことを暗示している。

【参考】
・ラビリンス−テロ戦争:第二戦
・ラビリンス‐テロ戦争:第3戦
posted by ケン at 12:25| Comment(6) | ロシア、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

慰安婦問題は解決するか

【慰安婦「解決」を強調=安倍首相が外交報告】
 安倍晋三首相は4日、衆参両院本会議で外交報告を行った。慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について、「最終的かつ不可逆的に解決されることになった」と強調。「これをもって日韓関係が未来志向の新時代に入ることを(韓国側と)確認している」と述べ、成果を訴えた。中国が進出を強める南シナ海問題に関しては「力による現状変更は行ってはならない、平和的に国際法にのっとって解決すべきだ、などの原則を提唱したが、着実に国際社会に浸透しつつある」との認識を示した。 
(1月4日、時事通信)

慰安婦問題については、つい先日「解決しない」と書いてしまっただけに、触れておかねばなるまい。

同問題については、民主党・野田政権の時にも韓国の李明博政権と水面下で交渉が進んでいたが、自民党の強い反対(妨害)と当時の野田首相の判断によって中止されている。今回は、反対の当時者である自民党が自ら進んで交渉したわけで、「反対者が少ない」という点で合意形成の土台は堅かった。
ただ、安倍一派は以前から常々「河野談話の見直し」「軍の関与否定」「強制性の否定」などの主張を繰り返しており、今回の韓国政府との合意内容(軍の関与と日本政府の責任認定)とは完全に矛盾している。これまでの安倍氏の主張から推測すると、「将来にわたって韓国政府には文句を言わせないという言質を取ったから良いのだ」ということかもしれないが、そのために「旧軍潔白神話」という彼らの主張の核心を放棄するというのは無理があるのではないか。
さらに言えば、昨年8月15日の総理談話を受けて、外務省は自らのHPから慰安婦問題を始めとする歴史認識Q&Aの部分を削除している。私の記事も外務省幹部の話を複数聞いた上でのものであるだけに、決して根拠が無かったわけではない。

各方面の話を聞く限り、今回の件の裏には米国の強い意図があったようだ。要は、急速に対中傾斜を強める韓国と、反中・嫌韓を始めとするナショナリズム・レイシズムに傾斜する日本を見て、北東アジアにおける「自由主義ブロックの瓦解」を懸念、それを克服するために仲裁に乗り出した、ということらしい。実際、米国のライス大統領補佐官は12月28日、「米国は合意とその完全な履行を支持し、この包括的解決が国際社会に歓迎されるべき、癒やしと和解の重要な意思表示であると確信している」と日韓合意を歓迎する声明を発表している。
こうした同じ陣営内の紛争を盟主が仲裁するということは、冷戦期には東西を問わずに見られたことであり、珍しいものではない。

日本側としては、宗主国から言われれば、誰が総理であろうと拒否できるはずはなく、拒否したところで民主党の鳩山氏のように無惨な末路を迎えるだけの話だろう。また、安倍一派としては、確かに自説を曲げるデメリットはあるものの、「日韓関係最大の障害を自ら解決」「宗主国の意向に従う」というメリットがあり、「オレの努力によって、未来永劫、韓国からクレームが付くことは無い」と喧伝できるだけに、選択に悩むほどの話ではなかった可能性が高い。
また、合意は「日本政府が責任を痛感」としているものの、日本国外務省は「日韓条約で賠償問題は解決済み」とのスタンスを崩しておらず、要は河野談話(法的責任はなく道義的責任)と同じ立場であって、後退したわけでは無いので、「十分」と言える。

他方、韓国政府はすでに詰んでいるかもしれない。韓国はアメリカとFTAを結んだことで、経済的に従属下に置かれているが、国内では経済格差の拡大に伴う不満が高まっており、その不満を日本に向けることでこの間、政権を維持してきた。その日本では、嫌韓感情が高まって在日コリアンに対する差別・排斥運動が強まっている上に、年々軍備も強化され、武力行使の自己規制も解除する方向に進んでおり、韓国から見れば、その脅威は日本人の想像を超えるものがある。対日脅威と対北脅威の双方を解決するために、韓国政府は政治的に対中傾斜を強める選択をしていた。そこに宗主国アメリカから、対日宥和を命じられた格好だった。
本来であれば、問題の当時者たる慰安婦支援団体と調整した上で、日本政府と交渉しなければ、真の解決にはならないはずだが、今回は調整なしで日韓合意を事後報告している。これは、「当時者と話したら合意は無理」と韓国政府が判断したことを意味しており、このことも「宗主国の命令」を暗示している。しかし、命ぜられて日本政府と合意はしたものの、当時者を排除してのものであり、同時に「反日カード」の使用を制限されてしまった韓国政府は、今後民意を抑えられなくなる恐れがある。「今すぐ」ということではないが、意外と近い将来、大衆が蜂起して現体制が瓦解、親中政権が発足し、西側陣営から離脱するところまで行くかもしれない。

根本的なことを言えば、戦後補償と歴史認識の問題は、一方が謝罪して終わるものではなく、「負の遺産」を共有しながら継承してゆく姿勢が無ければ、相互理解は得られない。今回の日韓合意は、言うなれば加害者側の日本が、被害者側の韓国に「10億円やるから二度と文句言うなよ!」と凄んでいるだけの話であり、暴行傷害などの一般的な刑事犯罪を想定してみれば分かりやすいが、これで被害者側が納得(理解)できるはずがない。
実のところ謝罪自体はそれほど重要ではなく(形式的に必要だが)、より重要なのは、日本による植民地支配や従軍慰安婦の実情がどのようなものであったかを解明しつつ、日韓両国・国民が納得できる歴史を後世に継承してゆくことにある。
その意味で、韓国側が「日本悪玉論」を反日カードとして利用し、日本側が「旧軍潔白神話」を掲げて軍拡を進める現状にあって、今回の合意をもって日韓関係が修復されることは無い、というのが私の見立てである。
posted by ケン at 12:44| Comment(0) | ロシア、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

ねずみ達と魔法使い

mice13.bmp
“Mice and Mystics” Plaid Hat Games(2012)

年末の「ゲーム納め」は「ねずみ達と魔法使い」となった。ドイツゲーム全盛の今日ではやや珍しくなった米国製ボードゲーム。骨格的には「ディセント」に近い、ファンタジーRPGを基盤としているが、専属のゲームマスターは置かず、モンスター(配下)はルーチンに従って自動的に動く仕組みになっている。

国王が遠国から後添いとなる王妃を城に迎えたところ、実は魔女で私兵をもって王城を占拠し、王と側近を幽閉、主人公となる王子らも牢に入れられてしまう。そこで王子は魔法使いの助けを得て自らの姿をネズミに変えて危機に対して立ち上がる。

キャラクターは、王子コリン、鍛冶屋ネッズ、医者チルダ、魔法使いマギノス、ならず者(盗賊)フィルチ、弓手リリィの6人で、この中から4人を選んでプレイに参加する。一方、敵方(魔女側)は、ネズミ兵士、巨大クモ、ムカデなどが主人公の前に立ちふさがり、さらに城中を徘徊する獰猛な雌猫がキャラクターに襲いかかってくる。
また、キャラクター毎に職業が設定されていて、その職業毎に技能(スキル)が選べるが、レベルアップすると、使えるスキルも増えてゆく。シナリオの難易度は常に高く、このキャラクターと技能の選定と、シナリオの特徴、そして運がマッチングしないと、まずクリアできない。この日、2つのシナリオを2度ずつプレイして、クリアしたのは一度だけ、しかも「寄り道」しないという条件を考えれば、近年流行の「無理ゲー」と言えるだろう。
シナリオは、基本セットの本作だけで11本もあり、1シナリオプレイするのに2時間前後かかる上に、まずもって一度ではクリアできない「無理ゲー」であることを考えれば、相当長くプレイすることを想定しているのだろう。

「無理ゲー」な理由は、シナリオ毎に設定されている時間制限前にクリアすることが条件なのだが、戦闘や探索を繰り返すことで時間がどんどん過ぎて行くからだ。同じ「無理ゲー」の「アンドールの伝説」の場合、戦闘しないことで時間の経過を抑制できるが、本作では敵を倒さないと次の部屋に進めないため、いかんともし難いところがある。そして、部屋を探索してアイテムを装備して、戦闘力を強化しないと後に現れるボス戦で歯が立たなくなってしまうため、「これどうやってクリアするんだ?」と思わなくも無い。
その意味では、「力業」な傾向は否めないが、キャラクターのスキルの中には時間をコントロールできるものがあるため、それを上手く使う必要がある。ただ、キャラを選択する上で、どうしても戦闘力の高いキャラを選びがちとなるため、そのバランスが難しい。

P1250121.jpg

最初のシナリオは、牢に入れられたキャラクターらが下水道を通って城から脱出するまでを描いているが、下水に流され、ネコに襲われで、あっという間に制限時間が来てしまう。2度プレイしてクリアできず、とりあえずテスト的に次のシナリオをプレイすることに。2本目は、「弓手リリィ」が城中のねずみ取りに引っかかっている(文字通り)ということで、救出に行くシナリオ。こちらは2度目でクリアできたものの、「ならず者フィルチ」のスキルを駆使してギリギリという有様だった。
ルール自体は簡単だが、ゲームの難易度は高いという、これも最近の流行だろう。

戦闘の多彩さの点では「ディセント」、協力ゲームとしての完成度としては「アンドール」に及ばないかもしれないが、個々のキャラクターが立っており、難しく考えないでワイワイやるには楽しいだろう。2作よりも対象年齢が低めに設定されているからなのだろうが、子どもにこれがクリアできるのか、疑問は残る。
最大の難点は、英語版しかないため、英語と格闘しなければならないところ。コンポーネントも良く、良い作品であるだけに、日本語版が欲しいところである。
posted by ケン at 12:28| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

【宣伝】シュヴァルツェスマーケン アニメ版

1446889989_1_4_2b2fdbabfb3a929f457a4e3bd694ced1.jpg

ケン先生の超お気に入りラノベ『シュヴァルツェスマーケン』がついにアニメ化。1月より放送開始とのこと。



架空の1983年の東ドイツを舞台とし、東西対立も健在だが、「人類に敵対的な地球外起源種」通称BETAが中央アジアに大気圏降下して侵攻を開始、すでにユーラシア大陸の大部分が制圧され、ソ連政府はシベリアに退去、西方ではすでにポーランドまで蹂躙されているという設定になっている。
圧倒的なパワーと物量を誇るBETAに対抗できるのは戦術機と呼ばれるロボットだけで、主人公たちは東独有数のエリート中隊のパイロットを務める。その中隊の通称が「シュヴァルツェスマーケン=黒の宣告」であり、常に最激戦区に投入されるが、任務を優先するために平気で友軍を見捨てる「死神」の悪評が高い。そのパイロットたちは「反党・反国家分子」疑惑のあるものたちで構成されており、政治将校とシュタージ(秘密警察)から厳しく監視されている。しかも、西ドイツからの亡命パイロットを受け入れることになり、ますます厳しい立場に置かれることになる。
真っ当に戦っても進攻を食い止めるのがやっとというBETAと対峙しながら、隊内では政治将校に監視され、部隊としてはシュタージから疑いの目を向けられ、基地内のどこにいても密告と盗聴の危険にさらされている。これ程までにハードな設定はラノベはもちろんのこと、他でもなかなか例がない。とある評者は「心折設計」と呼んでいたが、まさに言い得て妙だ。
市民監視が常態化している東独社会の描かれ方は、ソ連帰りの私から見て、ラノベという要素を除外してもまず及第点を与えられるだけに、相当に重い話になるはずだが、全体主義を知らない現代日本人が見てどこまで理解できるか、不安と同時に興味深いものがある。同時に、厳しい政治的統制下で圧倒的な的を前に不可能な任務を強いられる軍人、というシチュエーションも、超萌え(燃え)るだろう。ただ、東独の軍服ってちょっと残念だからなぁ、そこはどうクリアされるのだろうか。

キャラクター原案は、ラノベ同様CARNELIAN氏のようだが、ラノベよりも少女漫画化というかハード化しているようだ。「トータル・イクリプス」が最初の2話を除いて残念な出来になってしまっただけに少し恐いものはあるが、そこは期待して待ちたい。
アニメを見る前にラノベで予習するも良し、アニメを見てからラノベで復習するも良しだ。

【追記】内田先生ごめんなさい。ゲームは買って「積んゲー」状態になってます。。。

【参考】
『シュヴァルツェスマーケン』全7巻 原作:吉宗鋼紀 著者:内田弘樹 ファミ通文庫
・シュタージあるいは特高の終焉について 
・善き人のためのソナタ 
posted by ケン at 13:01| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

新年の挨拶:2016年を迎えて

デザイン_2016.jpg

明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。
本ブログも無事11年目を迎えることができました。永田町で日々感じ、考えていることを備忘録的に書くことから始まりましたが、マスメディアが本来の機能を発揮しない現在となっては、現場で直接見聞きしたことや、周辺情報から類推される政府・政権党の内部事情を伝えるツールにもなっていると自覚しております。

この間、様々な歴史書を読んで感じるのは、一般的に「歴史」として流布されていることの多くが時の権力者によって改ざんされたり、あるいは権力者の意向に沿って書かれており、往々にして事実と異なっているということです。また、事実とは違わないまでも、見る立場によって視点や考え方が大きく異なっており、一方的な視点からのみ見ていると、大きな見落としをしてしまいます。
メディアの本来の役割は、政府や権力者が隠そうとしている情報を伝えることで、主権者が客観的な評価を下せるようにすることにあったはずですが、今日ではメディアの存在が自己目的化してしまい、政府・政権党から下賜された特権を保持するために、権力に奉仕するものとなっています。自民党と安倍政権の権威主義は、彼らのみによって成立しているのでは無く、財界やメディアと、権威主義を支持する国民に基盤があるわけで、この構図はナチス・ドイツや戦前の日本にも共通しています。
その意味で、野党の第一線にあるものが、何を見て、どう考えているのか、記録しておくことは、読者の皆さんに判断材料を提供しつつ、歴史資料にもなる、というのが私の考えです。

さて、今年は同日選になるかはともかく、衆議院と参議院の両方で選挙となる可能性が高く、結果次第では一気に憲法改正、権威主義体制の確立へと動いて行く第一歩になります。
現状では、自民党は必ずしも強い支持を受けているわけではありませんが、無関心層が多いことと、野党に対する不信が非常に強いことによって、相対的に自公体制が安定している構図です。2007年の参院選と09年の衆院選において民主党が自民党に勝てたのは、自民党の支持母体の一部を切り崩しつつ、無関心層の動員に成功したためで、その功績の大半は小沢一郎氏にあると思います。同時に、民主党が2012年の選挙以降、全く票を集められなくなった(旧社会党よりもはるかに少ない)のは、その政策と主張が自民党とほぼ同じになってしまったことにあります。つまり、たとえ維新残党と合流したところで、従来の主張をしている限り、決して票は集まらない、ということです。党員としては残念ながら、今の民主党には「支持される理由」「アベよりマシな理由」について挙げられるだけの根拠がありません。
他方、自民党はTPPによって財界を、軽減税率によってKM党とマスメディアを統制下に置くことができたので、「他に選択肢が無い」という理由も相まって、「相対的に自民が野党を圧倒する」図式になっています。

こうした不利な戦況を覆すのは全く容易ではありません。が、日本政府と自民党は無理に無理を重ねて財政と経済の現状を支えている格好であり、いつ崩壊が始まってもおかしくないところに来ていることも確かです。不利なら不利で「これ以上、悪化させない」というのも立派な戦い方であり、今夏の参院選は「自公に改憲に必要な3分の2をとらせない」という辺りが関の山でしょう。「それでは社会党と同じでは無いか」と言われそうですが、現状の民主党は社会党ほども票を得ていないのですから、そもそも戦いになっていないのです。問題は、時間を稼ぐ間に「自民党とは異なる」野党をつくることにありますが、それこそが最大の難問だというのが私の認識です。

新年早々暗い話で申し訳ありませんが、どうか本ブログを通じてわが闘いを見守って頂ければ幸いに存じます。
posted by ケン at 17:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする