2016年01月13日

【追悼】D・ボウイさん逝去

【時代動かしたロック歌手=東西ドイツ統一にも影響−ボウイさん死去】
 音楽だけでなく映画やファッションにまで多大な影響を与えた英国歌手デビッド・ボウイさん。その活動は東西冷戦を象徴した「ベルリンの壁」崩壊にさえ及んだとされる。AFP通信によると、ボウイさんはこれまでにレコードなど約1億4000万枚(推定)を売り上げた。1970年代には「世界を売った男」(70年)や「ジギー・スターダスト」(72年)で独特の世界観を打ち出し、そのスタイルは中性的なファッションやルックスが特徴の「グラム・ロック」と呼ばれる。ボウイさんは76年、麻薬などに依存していた米国での生活に別れを告げ、東西冷戦下の西ベルリンに移住、3年間暮らした。西ベルリンではアルバム「英雄夢語り(ヒーローズ)」(77年)に代表される作品を制作した。「その特別な体制や緊張感、壁がもたらす影響など、ベルリンにいなければあの時の音楽は作れなかった」と後のインタビューでボウイさんは語った。壁が崩壊する2年前の87年には、壁に近い現連邦議会議事堂前でコンサートを行った。壁越しで聴いていた多くの東独民衆を西側へ引き寄せながら、ヒーローズを歌った。独外務省は11日、「さようなら。今やあなたはヒーローだ。壁崩壊を助けてくれてありがとう」とツイッターに投稿した。
(1月12日、時事通信)

デビッド・ボウイさんの訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
デビッド・ボウイは、中学生の時のヒーローでした。当時は、まだアナログ・レコードの時代で、中学生の小遣いで買えるはずもなく、ちょうど普及し始めたレンタル・レコード屋さんで借りて聞いたり、カセットテープに落として聞いたものだった。ちょうど「レッツ・ダンス」が一世を風靡した時代だったが、私は過去作品も聞いて、結局「ジギー・スターダスト」と「ハンキー・ドリー」の二作がいちばんのお気に入りで、これだけはCDも買い直した。やっぱ少し陰鬱なイメージの残る、グラム・ロック時代の曲が印象に残っている。CD版のボーナストラックにある、ジギー・スターダストのギター弾き語りと、レディ・スターダストのピアノ弾き語りは鳥肌物だった。

12471667_653774868058718_9136903480528522380_o.jpg
部屋で発掘されたCD。ハンキー・ドリーは何故か見当たらなかった。

そして、『戦場のメリークリスマス』。私が初めて見た、旧軍の負の側面を正面から描いた映画だったが、それ以上に「デビッド・ボウイと坂本龍一」という組み合わせに惹かれて見に行き、「この2人が出れば、どんな映画でも売れるよな〜〜その上、この配役というのは、大島監督は凄い人だ」と素直に感心したものだった。もっとも後に、色々断られて、結局この配役になったことを知ったのだが、それでもこの配役と(柔らかい)同性愛表現が衝撃的だったことは間違いない。
それにしても、この作品が昨今ロードショーされていたら、映画館が右翼に焼き討ちにされていた恐れがある。まったく隔世の感がある。

結局コンサートには一度も行かなかったのだが、これは「ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURES」のビデオを見て、イメチェン後のコンサートを見て幻滅することを恐れたためだったが、今となっては惜しい気もする。
久しく聞いていないので、供養を兼ねてCDを回してみようかと。
posted by ケン at 12:42| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする