2016年07月24日

日本会議 戦前回帰への情念

13737515_733068520129352_7969415770691402949_o.jpg
『日本会議 戦前回帰への情念』 山崎雅弘 集英社新書(2016)

山崎雅弘氏の新著。この間、日本会議ネタは何冊も出版されているが、どれも読んでいないので、違いについてはよく分からない。本ブログで取り上げてこなかったのは、「フリーメイソン」や「コミンテルン」のような秘密結社や陰謀論の臭いが強く、現実政治を取り扱う場には相応しくないと考えられたからだった。そのスタンスは、今でも変えるつもりはないが、それは知識として否定するものではない。

本書は、「日本会議とは何か」を網羅的に取り上げており、「安倍政権との関係」「人脈と組織」「価値観」「その目指すところ」「改憲への意志」を中心に説明している。その根底にあるのは、明治帝政、それも国家神道との一体化が進んだ昭和前期の体制への憧憬であり、その否定の上に成り立っている戦後体制に対する憎悪が、運動のエンジンになっている。山崎氏は、事象を一つずつ検証しながら、歴史と照らし合わせて「戦前回帰」や「国家神道」への情念を立証している。一般には、なじみの無い個人名や歴史の話が多いが、全体的にはコンパクトに分かりやすく書かれており、良質な新書と言える。

ただ、新書で分量的に限界があるのだが、もともと自民党内あるいは保守層全体でも少数派だったはずの反動主義者・歴史修正主義者が、なぜ2000年以降に急速に拡大し、自民党を支配して内閣を組織するまでに至ったのか、その疑問には答えていない。それ故に、「ある日突如秘密結社が現れて自民党を支配した」的なストーリーを想像してしまう人が出てくる恐れがある(本書がそう言っているわけでは無い)。私の関心は、むしろこの「なぜ権威主義・反動家が保守派の大勢を占めたのか」にあるが、これについては本ブログの記事を参照してもらいたい。

右傾化する東欧諸国 
自由民主主義の終焉 
右翼のヤバさと中道の難しさについて 
国と保守派が君が代を強制するワケ 
歪なる保守主義 
左右の定義 
【目次】
はじめに――大河ドラマ『花燃ゆ』と日本会議の副会長

第一章 安倍政権と日本会議のつながり――占領された内閣
1.第二次安倍政権の発足と日本会議の役割
2.重なり合う「日本会議」と「神道政治連盟」の議員たち
3.慰安婦問題・南京大虐殺問題への日本会議の関わり
4.中国の軍事的脅威をアピールする安倍政権と日本会議
5.光を当てる地方紙・週刊誌・ネット言論と、光を当てない大手メディア

第二章 日本会議の「肉体」――人脈と組織の系譜
1.「神道・宗教勢力」と「保守・右派勢力」の融合
2.神社本庁と日本会議の深い関係
3.日本会議とその前身/関連組織が行ってきた主な政治運動

第三章 日本会議の「精神」――戦前・戦中を手本とする価値観
1.安倍首相と日本会議と天皇――「日本の国柄」の核心を成す存在
2.「日本を取り戻す」――具体的には、何を「取り戻す」のか
3.日本会議の思想の原点を物語る書物『国体の本義』と『臣民の道』
4.戦前・戦中の思想と価値判断を継承した日本会議の活動方針

第四章 安倍政権が目指す方向性――教育・家族・歴史認識・靖国神社
1.安倍首相と日本会議と教育改革――「愛国」「道徳」という名の政治教育
2.安倍首相と日本会議と家族観――国民の内面に踏み込む
3.安倍首相と日本会議と歴史認識――大東亜戦争の肯定
4.安倍首相と日本会議と靖国神社――「国に殉じた英霊」の理想化

第五章 日本会議はなぜ「日本国憲法」を憎むのか――改憲への情念
1.安倍首相と日本会議が日本国憲法に示す「敵意と憎悪」の背景
2.日本国憲法を「神道指令の恒久化」と見なす日本会議
3.安倍政権と自民党の憲法改正案
4.日本会議の改憲運動と「産経新聞」の憲法改正案
5.憲法改正運動の最前線に躍り出た日本会議
posted by ケン at 10:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする