2016年07月25日

日本で一番悪い奴ら

196597.jpg
日本で一番悪い奴ら』 白石和彌監督 日本(2016)

「日本警察史上最大の不祥事」とも言われる「稲葉事件」をモチーフにした映画。
原作は、本ブログでも紹介している(2011.12.07)。
『恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白』 稲葉圭昭 講談社(2011)
銃摘発のカラクリ、マル暴と暴力団の関係、薬物氾濫の流れなどがつぶさに分かる。ノルマを稼ぐために犯罪者を泳がせ、密売元には触れない警察の実態。名刑事は捜査の過程で暴力団員とズブズブの関係に陥っていく一方で、上司からノルマ達成の偽装を依頼され、ますます堕ちていく。まさに「事実は小説よりも奇なり」である。これを映画化しないで何を映画にするというのか。若松監督あたりならやってくれるか?

柔道の腕を買われて北海道警にスカウトされる普通の警察官が、暴対や銃器対策室に配属される中で、自らも意識しないうちに暴力団員らとズブズブの関係に陥り、上層部のノルマに追われて自ら銃器や麻薬の販売に手を染めてゆく。
上層部が過剰なノルマを課す中で、違法捜査や文書偽造が蔓延、上納する分と協力者に渡す裏金をつくるために、犯罪に染まってゆく警察の実像が描かれている。そのタッチは比較的軽妙で、本来重いテーマのはずだが、コメディ要素も交えて上手く構成されている。

正義感の強さ故に捜査に前のめりとなり、人柄故に協力者も増え、結果を出すが故にますますノルマを課され、本人の自覚やコントロールの効かないところで、凄い勢いで上り詰めると同時に堕ちるところまで堕ちてゆく姿が、良く描かれている。
主人公役は、超売れっ子の綾野剛氏だが、気合いの入った熱演をしており、周囲とも息のあった熱度の高い作品に仕上がっている。また、1970〜80年代の空気感が良く再現されており、スカパラの音楽と共に、40代以上の共感を呼ぶ雰囲気がある。
惜しむらくは、前半のスピード感に比して後半がやや冗長になっており、監督の意図するところは分からなくも無いが、2時間15分はちょっと厳しい気がする。
それでも、日本警察の暗部を、クライム・ムービーという形で見事に描いている良作であることは間違いなく、一見の価値があろう。もっとも、作中上司が言う「明日までに領収書出せよ」との発言が、裏金用の架空領収書を指すことなどは、一定の知識が無いと分からないとは思うが。

ちなみに、主人公のモデルとなった稲葉元警部は、

「当時、何百丁と挙げた拳銃のほとんどがやらせだった。8年間の捜査のなかで、実際の捜査による拳銃の押収は、たった2丁」

と回顧しており、覚醒剤130キロと大麻2トンを北海道警察と函館税関が組織的に密輸していた疑惑も浮上、一連の事件を扱った北海道新聞は、道警などからの圧力で一面に謝罪広告を載せている。現実には、映画よりもさらに深い闇があるのだ。
なお、本作が公開される直前には、覚醒剤密売の仲介者と共謀して虚偽の調書を捏造したとして、道警本部に勤務する警部補が逮捕されている。道警の暗部はいまもなお健在らしい。
posted by ケン at 12:54| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする