2016年08月06日

シン・ゴジラ

shin-godzilla_tmb-700x381.bmp
『シン・ゴジラ』 庵野秀明監督 日本(2016)

庵野氏は長期スランプに陥り、映画版「エヴァ」の制作が遅れに遅れる中で、今作を監督したことで一部から非難囂々にさらされていたが、本作の出来を見れば沈黙せざるを得ないのでは無かろうか。

噂通りの完成度で、確かにこれは「新世紀」に恥じぬ出来だろう。『巨神兵東京に現わる』を見て依頼したというだけあって、色々なところに庵野色が出ている。
ゴジラがついにCG化されてしまったのは残念ではあるものの、東京の街並みの再現度はハンパ無く、歩いたこともある東京や川崎そのもので、それが怪獣に潰されてゆく様のリアル感もまたハンパ無いものだった。特に上空からの俯瞰映像とローアングルからの怪獣を組み合わせたカメラワークが非常に優れており、迫力と説得力を激増させている。また、ところどころに東日本大震災や福島原発事故を思わせる映像も多い。

もう一つの特徴としては、ゴジラ以外の部分が非常にリアルにつくられている点がある。特に、ゴジラ登場をめぐる、政治や行政機構、自衛隊による武力行使、日米を中心とする国際関係などの要素がふんだんに盛り込まれ、むしろ群像劇や人間模様の方が中心とすら言えるくらいの構成になっている。いつもの庵野節で、やたらとセリフや情報の量が多く、とても一回見ただけでは処理できない程だ。
閣議や対策本部のシーンがやたらと長く、部分的には現場にある者として「それは無いなぁ」と思う部分も無くはないが、基本的にはリアルに作り込まれており、妥協を許さない方針が良く伝わる。
もっとも、政治家や官僚がいささか美化されており、設定がネトウヨ好みになっているところは気になるのだが、あれは庵野氏一流の「お前らこういうの好きなんだろ、ほうら!」的なノリなんだろう。

個人的には、環境大臣役が元リアル副大臣だった横光克彦先生だったのは超びっくり。もう70過ぎているはずなのに、60歳くらいにしか見えない。さすが本業だが、こういう部分でも閣議の再現度を増しているのだろう。

新宿TOHOのTCX=エキストラ・ラージ・スクリーンで見たけど、大ホールの真ん中にもかかわらず、画面が視野に入りきらず、大変でしたが超迫力だった。見に行くなら、やはり大画面がお薦め。
posted by ケン at 13:00| Comment(5) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする