2016年10月10日

将棋連盟がスマホ禁止

【日本将棋連盟が対局中のスマホ持ち込みを禁止 ソフト進化でカンニング防止策】
 日本将棋連盟は5日、東西の将棋会館で行う公式戦で、対局室へのスマートフォンなどの電子機器の持ち込みや対局中の外出を禁止する規定を設け、12月14日から施行すると発表した。女流棋戦にも適用する。対局中に使用が発覚すれば除名を含む処分の対象とする、としている。今回の規定により、棋士は対局開始前にスマホや携帯電話などの電子機器をロッカーに預け、対局中は使用できなくなる。また、将棋会館からの外出もできなくなる(敷地内はOK)。近年のコンピューターソフトの能力向上に伴い、電子機器を利用した不正行為が行われる恐れがあるとして、同連盟に一部棋士から何らかの規制を求める声が寄せられていた。
 連盟は9月26日の東西棋士会で、(1)現状のまま(2)ロッカーに預ける(3)外出禁止とする(4)預けて外出も禁止する(5)金属探知機導入などさらに厳しい措置をとる−の5項目について出席棋士60人にアンケートを実施した。この結果、8割超がロッカーに預ける案を支持し、6割超が外出禁止もやむを得ない、と答えていた。タイトル戦については主催者と日本将棋連盟で決める。今回の決定について羽生善治棋聖は「将棋界は性善説で成り立っているが、そうとばかりは言っていられない時代になったのかなと思う」と話した。
(10月5日、産経新聞)

AIの方が強くなってしまうと人間のプロ棋士は失業か?
今はまだ外部機器を使用せざるを得ないが、電脳化する頃には人の脳と電脳の境界がなくなってしまうので、どこからどこまでが「人間同士の対戦」なのか分からなくなる時代が近づいている。
趣味ならばマナーや信頼関係で済むものも、競技や職業となれば、性善説で済ますのは人が良すぎるだろう。スポーツにおけるドーピング問題と同根なのだから。
また、指導に際しても、20〜30年後には、自宅でVRゴーグル付けてAIに個別指導を受ける形が一般化しそうだ。人間関係が煩わしいと考えられがちな今日にあって、いつまで人が道場に通うのかも興味深い。初老の私ですら、少女に罵倒されながら「指導」されたいなどと、つい妄想してしまうくらいだし。
自分が死ぬ頃までに一体どうなっているのか、全く予断を許さない状況だ。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする