2016年10月27日

地域代表制が政治と地域を腐敗させた?

永田町での勤務も15年近くなるが、近くで国政を見ていて思うのは、「地域代表制が政治と地域を腐敗させているのではないか」ということである。

国会議員は、参議院の比例代表選出者や衆議院の比例単独選出者を除く大半が選挙区から選ばれている。日本の場合、有権者は候補者の政策や主張よりも、人柄や人物像を重視する傾向が強いため、候補者もそれを重視せざるを得ない。結果、実際の選挙時に掲げる政策や議会での活動実績よりも、日常活動で「顔を売る」ことが重要となる。具体的には、選挙区内の各種イベントや酒席にひたすら出席して、一人でも多くの有権者に「見知ってもらう」ことが活動の中心となる。とかく保守系の政治家が、軽薄な発言を繰り返すのは、少しでも有権者に自分を印象づけたいがために発せられる「サービス」の部分が大きい。そして、自分の当落が掛かっているだけに、議会活動よりも地元回りを優先することになる。実際、自民党であれ旧民主の小沢氏であれ、「1、2回生の仕事はひたすら地元を回ること」と教えている。

この「地回り」の中で、もう一つ重要となるのが「陳情受け」である。有権者から各種陳情を受け、処理することで支援者と献金を増やすことが目的となる。陳情と言えば聞こえが良いが、現実には行政に圧力を掛けて、特定の者に優先的にサービスを供与させる汚職でしかない。最近では甘利問題が有名だが、自民党では当たり前すぎて、何故それが問題にされるのかすら理解できないだろう。結果、当選回数の若い国会議員は、議会活動などせずにひたすら地元を回り、陳情を受けて処理し、御礼にカネや票をもらうことに専念する。これを当選回数で2回、当選前から数えれば10年近くもやるのだから、3回生になる頃には地元の有権者とズブズブの関係になり、腐敗システムが構築され、議員本人も秘書もそれが「当たり前」になって、正常な感覚を失ってしまうのだ。
要は、自民党や小沢氏の教えは、「腐敗体質が強いほど選挙に強い」ということであり、日本の政治制度はその前提の上に成り立っている。

90年代まで行われていた中選挙区制度は、「自民党の候補者同士が有権者を奪い合うために陳情処理を競い合うことが、巨大な腐敗を生んだ」との認識が広まり、政治資金規正を強化すると共に小選挙区制に移行するところとなった。確かに小選挙区制に移行したことで、何億、何十億円という献金は影を潜めたものの、別の問題が生じた。
二大政党による政権交代の慣習が無いところに小選挙区制を導入してしまったため、導入以降、自民党以外の政権が成立したのは20年間でわずか3年強という有様だった。その結果、野党系候補の少ない地方では、自民党の議席占有が常態化し、「自民党にあらずんば人にあらず」が進んでしまった。つまり、自民党議員にアクセス権を持つ者のみが、優先的に公共事業や行政サービスを受ける権利を有するところとなり、それ以外のものはますます住みにくい社会になり、土地や仕事を捨てて都市部に出る流れを強めてしまった。同時に、伝統的に建設業が強い自民党は、需要の無い公共施設やインフラの整備に邁進するため、いたずらに維持コストを高めてしまい、これが地方財政を圧迫して、生活弱者への支援を細らせて都市部への流出を促してしまったのだ。
ロシアの諺で言うところの「魚は頭から腐る」である。

また、安倍政権以降、衆院選の期間(議員の任期)が短くなっており、「いつ選挙になるか分からない」という認識が強まっているため、国会議員たちはますます議会活動よりも地元活動を重視するようになっている。これが、ますます政治家の無能と腐敗を強めてしまっていることは、言うまでも無いだろう。
日本の国政を「正常化」させるためには、まず地域代表制を根本から改める必要がある、というのが私の認識である。具体的な提案としては、下の稿を参照して欲しい。

【参考】
・委員会別選挙の提案 

【追記】
私の前ボスは、私が「政治資金パーティーをやりませんか」と向けても、「一回やってしまうと、癒着と腐敗の温床になってしまうからやりません」と最後まで頑なに拒み続けた。だが、次の選挙で落選、その選挙区は以後ずっと自民党の一人勝ちになっている。その流れで、選挙区内にいた民主党県議は3人から0人になり、自治体議員の数も3分の1になってしまった。有権者の選択とはいえ、自ら自民党支持者以外の利益代表者を減らし、地域社会の多様性を減じてしまったのだ。
posted by ケン at 12:54| Comment(2) | 憲法、政治思想、理念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする