2016年12月09日

カジノ通過し、舛添を思ふ

【カジノ法案、衆院通過…公明自主投票・民進棄権】
 カジノやホテル、商業施設などの統合型リゾート(IR)を推進するための法案(カジノ解禁法案)は、6日の衆院本会議で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決された。公明党は採決に自主投票で臨み、賛否が分かれた。民進党などは退席して棄権した。自民党は今国会での法案成立を目指しており、参院送付後、7日の本会議で審議入りしたい考えだ。 法案は、自民党などが2015年4月に議員立法で衆院に提出した。IRを推進するための基本理念を定め、法施行後1年以内をめどに、カジノの入場規制や暴力団排除など、政府に必要な法制上の措置を取ることを求める内容だ。
(12月6日、読売新聞)

【「都民ファーストの観点から韓国人学校への都有地貸与を撤回」小池百合子知事が所信表明】
 東京都の小池百合子知事は1日の所信表明で、これまでの取り組みの成果の1つとして「都民ファーストの観点から、地域住民の声も反映し、韓国人学校への都有地貸与の撤回なども行ってきた」と語った。また、都政透明化に向けて「情報公開を徹底するために、口利きの記録化や黒塗り資料の積極的な公開も進めてきた」と強調した。
(12月1日、産経新聞)

臨海カジノ構想に反対し、五輪用の3箇所のアリーナ新設計画を潰して2千億円を削減し、韓国人学校を設置しようとし、首都大学を都立大学に戻そうとした舛添氏は超マトモだった。
ちなみに韓国人学校の件は右派ばかりが問題にしているが、もともとは韓国の日本人学校が移転した際にソウル市が土地などで大きな便宜を図ってくれたことへの対価・御礼であり、「都の税金を使うのか」という批判は「天ツバ」でしかない。

今から思えば、舛添氏は「だからこそ」後ろから刺されたのだろう。
ネッケルは国王に罷免されたが、舛添氏は大衆によって引きずり下ろされた。
ルイ16世の要請で財務長官に就任した銀行家のネッケルは、貴族への課税と宮廷費の削減を試みるも、上級貴族と王妃マリー・アントワネットの反対で挫折してしまった。
そこで、国王は三部会を招集して新規課税を諮るも、三部会は聖職者・貴族と平民の代表者数が同数であったことから、平民代表は議会構成の不公正を盾に審議を拒否し、もちろん聖職者・貴族は課税反対だったため、三部会は紛糾、王妃の圧力でネッケルが解任されるに至り、パリ市内は不穏に陥り、国王が軍を大動員し市中に配備したため、食料価格が暴騰したこともあって、革命を誘発してしまった。ルイ16世の立場であれば、王妃一派の暴慢を抑え、改革派貴族と連携して、三部会で貴族への新規課税を実現していれば、とりあえずは7月14日のバスティーユ襲撃は回避できたはずだった。
必要不可欠な改革を、一部の利害者の都合で実行しない国は滅びるのみである。ゴルバチョフのペレストロイカも同様だ。

民進党は退席し採決に加わらなかった。彼らの言い分は、「無法な国会運営の採決に同意することは、彼らの運営方針を認めることになる」というものだが、主権者には通じない論理であろう。たとえどのような形であれ、採決がなされる以上、きちんと賛否を表明しない限り、議事録にも載らず、後世の人は「民進党は賛否を表明しなかった」としか評価しないだろう。連中の視野の狭さは治りそうに無い。

また、「党内議論ガ〜〜」と騒いでいたKM党は、フタを開けてみれば議員の3分の2が賛成するという有様で、ごく一部の慎重派・良識派がかろうじて抵抗していただけだったことを露呈した。その本性は、自民党と同じ収奪者だったのである。
posted by ケン at 12:18| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする