2016年12月18日

こんな野党は要らない!

【民進・野田幹事長「安倍晋三首相はプーチン大統領に面と向かって抗議すべき」】
 民進党の野田佳彦幹事長は12日の記者会見で、ロシア軍が北方領土の択捉島と国後島にミサイルを配備したことに関し、15日に日露首脳会談が予定されていることを踏まえ「安倍首相は(プーチン大統領に)面と向かって厳しく抗議すべきではないか」と述べた。また、「資金協力ばかりすれば、脅されて金を出している姿に見える。それはおかしい」とも語った。
(12月12日、産経新聞)

野党第一党の幹事長は、どこまでも無能だった。自民党は狂喜乱舞していることだろう。もっとも、こんなヤツが総理大臣だったのだから、政治のクオリティそのものが終わっているのかもしれないが。
すでに何度も述べているように、アメリカの衰退が著しく、アジアからの撤退と日米安保の希薄化が確実となる中で、日本の採りうる安全保障の選択肢は限られている。

1.日中同盟
2.東アジア共同体による集団安保
3.武装強化による自主防衛路線


このうち日中同盟は対中従属を意味し、東アジア共同体は今となっては「中国を盟主とする東洋ブロック」で日中同盟と大差なくなっている。日本では、戦後70年間のうち65年を自民党などの親米派が政権を握ってきたため、外交政策を転換するコストが異常なほど高まってしまっている。具体的には、自民党と外務省を粛清するようなことが無い限り、不可能なのだ。
すると自然と3番目の自主防衛路線に行き着くが、その場合、核武装が必須となるが、日本にはその技術が無く、エネルギー問題も連動して、自然と「日露枢軸」に傾いてゆくことになる。

ロシアはロシアで、主敵は欧州・NATOであり、潜在的脅威は中国なので、日本との連携が重要なカギとなる。経済制裁で中国以外の外資が止められ、天然ガスの輸出先にも難儀しているだけに、対日関係の強化は、日本人が考えている以上に重要なのだ。
また、日本にとっても全く見通しの立たない核廃棄物の処理先のメドがたつという点で、これも「他に選択肢が無い」状態にある。

以上を考えれば、いまや北海道の維持すら困難になっている日本にとって、日露枢軸の緊急性は北方領土の価値をはるかに上回るところに来ている。そもそも択捉と国後のミサイルはアメリカに向けてのものであり、それは米によるポーランドやルーマニアなど東欧におけるミサイル防衛網の構築に対する対抗策であって、日本は関係ない。

民進党は、日米安保に替わるオルタナティブを早急に提示することが求められているのであって、政府をただ非難するのは自らの無為無策を暴露するだけの話でしかない。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする