2016年12月25日

反骨の血

1941年(昭和16年)7月3日の臨時局部長会議で、次官から「南部仏印進駐を閣議決定した」旨の報告を受けた伯父は航空本部長として、「大臣あなた、こんな航空戦備で本当に対米戦などできると思っているんですか!」と詰め寄り、まともに答えようとしない大臣に対し、「そんなことで大臣が務まりますか!」と怒鳴りつけたという。75年経たいま記録を読んでも、「伯父上、お止め下さい」と背中にすがりつきたくなってしまう(秘書的に)。

母も某市の子ども児童福祉本部長として、局部長会議では激しく議論に参加、疑問や提案・要望があるとすぐに市長に直言、直談判に行くことで知られたそうだから、一族の「血」としか言いようが無い。

そんな伯父でもさらに出世を続け次官に至るのだから、戦前の組織は単純には語れそうに無い。
posted by ケン at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする