2016年12月27日

米国の大学の授業で使われる文献

米国の大学の授業でよく使われている文献トップ100」なる面白いサイトを紹介してもらったので、ここでも紹介したい。
「Open Syllabus Explorer から、米国の大学に限って、授業で教科書としてよく使われている文献を1位から100位までリストにしたものである」との説明。ここでは1位から10位まで引用したい。

1. ストランク『英語文章ルールブック』
2. プラトン『国家』
3. キャンベル『生物学』
4. マルクス『共産党宣言』
5. アリストテレスの倫理(学集)
6. マキアヴェリ『君主論』
7. ホッブス『リヴァイアサン』
8. ソポクレス『オイディプス王』
9. シェリー『フランケンシュタイン』
10. トゥラビアン『シカゴ・スタイル 研究論文執筆マニュアル』


英文実践を除けば想像以上に古典、それも古代ギリシア系が多いことに驚かされる。やはり欧米の学生にとっての基礎文献、基礎知識はそこなのだろう。同時に、意外と文学の講読が多いようで、日本の大学とは異なるようだ。全体の印象としては、英米系に偏り過ぎなのが気になるところではあるが、「基礎を徹底的に」というスタンスには非常に好感が持てる。あと、歴史関係が恐ろしく少ない点も、「アメリカだなぁ」と思わせる。
米国の大学で教えたこともある妹にも感想を聞いてみたいところだ。

アジアの某国ではカリキュラムの何分の1かが英語の勉強で、でもシェークスピアなんて無駄だから簿記をやるとかいう大学が一般的らしいから、えらい違いである。
だが、いま学校で学ばれている実学など20年以内に相当数がAI化されると思われるだけに、AIでは代用できない基礎体力、即ち思考回路の深層性や重層性を強化してこそ高等教育の存在価値も残るはずだが、日本の文部官僚や大学人にその認識は無さそうだ。そもそも文科省が高等教育に介入している時点で「終わっている」のだが。
つまり、日本の教育にはいかなる未来も無いと予測される。

ちなみにケン先生の場合、上記10点のうち『共産党宣言』と『君主論』は高校時代に読んでいる。プラトンは岩波文庫を手に取ってみたが、読みづらくて諦めた。
さらに高校のフランス語では、バルザック、プルースト、カミュ、サルトルなどを原語で読まされたが(もちろん一部抜粋)、プルーストは「死ねばいいのに!」というくらい最悪に退屈だったし、サルトルの仏語は訳が分からなかった記憶がある。読みやすかったのはカミュで、そのおかげで大学に入った後も(日本語で)評論集を読みあさった。どうせならデュラスとかアルトーを原語で読みたかったが、「読みたきゃ自分で読め」と言われるのがオチだろう(笑)
高校の外国語で原書講読は相当にハードルが高く、しかもいかなる実用性も無いのだが、実は「基礎体力・知力を身につける」点では意外とバカにできないのではないか、と最近は感じている。

自分は大学(学部)では、言語や必修の授業以外は超適当にやっていた、(当時としては)ごく一般的な学生だったが、周囲のものよりは本を読んでいたと思う。大学というのは、読書を習慣化する最後の機会であり、これを逃すと殆どの場合、読書するのが苦痛になってゆくようだ。私の母などは70を過ぎても凄まじい読書量だが、そこまで行かなくとも初老を過ぎた私が仕事を抱えながらも最低限の読書を続けていられるのは、高校と大学で読書を習慣化できたことが大きい。

末尾に学部時代に自分が読んだ本の一端を紹介しておきたい。今から思えば、異端過ぎて恥ずかしい独自路線ではあるが、しかもロシア語科だったのにフランス文学ばかり、何と言うか「中二病」ならぬ「大三病」って感じ(爆)

ジョルジュ・バタイユ『ジル・ド・レ論』『眼球譚』『無神学大全』
アルベール・カミュ『反抗的人間』『異邦人』
マルキ・ド・サド『ジュスティーヌあるいは美徳の不幸』『ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え』
アルトナン・アルトー『ヘリオガバルス あるいは戴冠せるアナーキスト』
マルグリット・デュラス『破壊しに、と彼女は言う』『モデラート・カンタービレ』
カール・シュミット『政治的ロマン主義』『パルチザンの理論』
ホセ・オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆』『反文明的考察』
レフ・トロツキー『永続革命論』『ロシア革命史』『わが生涯』
コリン・ウィルソン『現代殺人百科』『右脳の冒険―内宇宙への道』『宗教とアウトサイダー』
澁澤龍彦『神聖受胎』『人形愛序説』『異端の肖像』
posted by ケン at 12:24| Comment(3) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする