2016年12月30日

2016年の読書から

今年は若干読書量が少なめだったかもしれないが、自戒を込めて数冊、お勧め本を挙げておきたい。
明日は更新できるか分からないので、読者の皆さんも良い年をお迎えください。
本年はおつきあいいただきまして、ありがとうございました。

『代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す』 待鳥聡史 中公新書(2015)
デモクラシーに対する不信が高まり、ポピュリズムが蔓延、強権的なリーダーが目立つ中、代議制民主主義とは何か、何を目指す制度なのかを再検証している。直接民主主義が物理的に不可能な中で、有権者は政治家に政策決定や官僚監視を委任し、政治家は官僚に政策実行を委任すると同時に、有権者に対して説明責任を負う。だが、どのようにして政治家を選出し、政治家に何をどこまで委任するかについては、様々な制度が存在している。この委任と責任の関係を、良く整理して明快に説明している。新書としては、非常に濃い内容だが、プロフェショナルとしても考えさせられるところの多い一冊である。

『「大日本帝国」崩壊 東アジアの1945年』 加藤聖文 中公新書(2009)
日本本土を始め、帝国内の領土・植民地がどのように敗戦を迎え、対応したのかという珍しいテーマを扱う。在外日本人の安全を保障し、引き上げる作業。突然日本国籍を失い、植民地支配から「解放」されるも、全く先の見通しがなくなってしまう在外領土、ソ連に編入される樺太と千島など、通常の歴史研究が見落としがちなケーススタディをまとめた一冊。

『超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条』 フィリップ・E・ テトロック、ダン・ ガードナー 早川書房(2016)
既出。

『黒い巨塔 最高裁判所』 瀬木比呂志 講談社(2016)
小説ではあるが、一般人には全く馴染みの無い司法がどのような仕組みと論理で動いているかが描かれている。小説技法としては説明過剰で微妙な気もするし、人物造形もややステレオタイプ的ではあるが、そんなことはどうでもいい。著者自身が言っているように、新書で司法の組織構造は説明できても、中にいる人間、裁判官や事務官がどのような論理や習慣で動いているかについてまでは説明できない。形式的には憲法で三権分立が保障されているにもかかわらず、なぜ行政と一体化しているような判決ばかりが出るのか、漠然と想像していても、本書を読むと「なるほど、そういうことか」と納得がゆく。多少スターリン研究にも従事した私からすると、日本の司法はソ連のそれと非常によく似ていることが分かる。原発訴訟など、ブハーリン裁判と同じではないかと。国粋主義、権威主義とはまぁそういうものなのだろう。

『灰と幻想のグリムガル』 十文字青 オーバーラップ文庫 既刊9巻
今春放映されたアニメの原作。基本的には最近流行のオンラインRPG世界におけるファンタジーなのだが、戦闘の地味さと登場人物の感情表現の微細さが際立っている。パーティーのメンバーは主人公を含めて、何一つチート的な能力も装備も持っておらず、ゴブリン相手に延々と苦労する始末。最初の方などは、6人パーティーなのに「ゴブリン2体とかちょっと無理じゃね?」くらいのノリで、新選組の「3対1原則」も真っ青なところから始まっている。もともと私は、高い能力を有する主人公がチートな装備を持って、圧倒的な強さを誇る敵をバッタバッタとなぎ倒してゆく式の少年漫画のノリに飽き飽きしていただけに、「超弱い主人公が、仲間と協力して、弱っちい敵を超苦労して倒す(倒せないこともあるし、味方もやられる)」という、本作の「リアリティ」に思わず、「これだよ、これ!」と快哉を上げてしまった。

『りゅうおうのおしごと!』 白鳥士郎 GA文庫 既刊4巻
昨秋始まった「のうりん」の白鳥先生の新作。白鳥先生らしい取材力がよく反映されている。設定や演出にラノベ要素が用いられているものの、骨格部分はなにげに手堅い作品に仕上がっている。多少の将棋知識があればニヤリとさせられる表現、熱い少年漫画展開、白鳥製変態描写など、無数の魅力があり、「名作」レベルの出来になっている。敢えてコテコテの関西(将棋会館)を舞台にしているところも面白い。

『虚構推理』 原作/城平京 漫画/片瀬茶柴 講談社コミック 既刊5巻
『絶園のテンペスト』城平先生の小説を基にした漫画。片眼、片足を失って「智恵の神」となったヒロインと、先祖伝来の秘法をもって「死なない肉体」を持った主人公が、怪異の謎・虚構の原理に挑む。RPG好きとしては、城平先生のプロットの置き方にいつも感動しているが、本作も「絶園」ファンなら必読デス。
posted by ケン at 11:45| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする