2017年01月06日

関ヶ原二本立て

20年ぶりに「現役復帰」を果たしたT後輩を関ヶ原漬けにしてみた。プレイしたのは、GJ「戦略級関ヶ原」と同「入札級関ヶ原」。前者の方はつい写真を撮り損ねてしまった。いずれも後輩が西軍、私が東軍を担当。

「戦略級」の方は2回プレイ。一回目は、東軍チットが出まくった上、行軍ダイスも良好だったため、福島、黒田、加藤、浅野ら東軍先鋒が犬山、岩村、岐阜をあっという間に落としてしまい、家康は「オレ、まだ5通しか手紙書いてないんだけど・・・・・・」(史実では150通以上)みたいなところで、上京を急ぎ、関ヶ原(大垣)で東西主力決戦となる。他方、西軍はと言えば、上杉は山形城に手間取り、大和路(伊賀)を進んでいた石田三成は伊勢に足止めされており、ついには決戦に間に合わなかった。石田勢抜きの西軍は3スタック、一方の東軍は全5スタックと戦力差は明白で、謀略抜きの平押しで東軍が勝利してしまった。

二回目、大坂方は上杉を前面に出し、山形の最上勢を放置して関東進出を狙った。ところが、上杉チットは出ても行軍ダイスが悪い上、攻城戦ダイスも振るわず、一歩目の宇都宮で足止めされてしまう。石田勢の方は、まずまずのダイスで珍しく細川幽斎が立て籠もる田辺城を陥落させた。とはいえ、終了チットが出まくり、家康の陰謀もまた着々と進んでいた。徳川方は、今回も順調に犬山、岩村、岐阜と落とすが、西軍が大和路を放置して大垣に進出してきたため、一旦犬山に戻り、家康の到着を待った。タイミング良く東軍チットが出て、またもや関ヶ原で決戦となるも、今回は東軍4.5スタック(上杉への備えのため)、西軍4スタックとほぼ同戦力だった。だが、戦場で毛利が中立化(史実通りの空弁当)してしまい、実質3スタックとなって乱戦の結果、これまた東軍が勝利、その後鍋島や長宗我部の裏切りが相次いで大坂方は崩壊した。

やはり西軍としては、家康の到着前に東軍先鋒を一度叩いておきたいところなのだが、いかんせん宿題が多い上に(大和路とか田辺とか)、戦意が低く、思うようにいかないところが難点だ。そして、最上を放置したままの関東突入は、戦力不足のため宇都宮と小山で足止めされてしまう。「野戦の強要」カードでも手に入れば違うのだろうが。

15698243_842299152539621_7169364756855814420_n.jpg

「入札級」は、ゲーム開始時に両軍が「陰謀」と「阻止」を入札し、ターン毎に陰謀が発動するかどうかを見極めながら戦局を進めるという、一風変わったシステム。今回は、早々に吉川が東軍方に寝返り、毛利も参戦せず、長宗我部はサッサと土佐に引き上げてしまうという、ほぼ史実通りの展開に。西軍は第一ターンに猛将・立花宗茂が援軍として到着するも、いかんせん小勢で戦局を変えるような戦果は挙げられず、やがて石田、小西勢が崩れてしまう。かろうじて午後になって小早川が大坂方で参戦するも、完全に機を逸しており、「後の祭り」となってしまった。
個人的には、関ヶ原合戦の実相を良く表したシステムと評価しているのだが、最初の入札以外はあまり選択肢の無い展開になってしまうので、ある意味「なるようにしかならない」ゲームになってしまっている側面は否めない。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする