2017年01月19日

言い間違いでは無いかと

【「今年」と「今月」間違えた?…解散否定の首相】
 安倍首相は5日、都内の会合で、2005年や1993年の酉(とり)年に衆院選があったことに言及した上で、「今年は全く考えていない」と語った。首相は政局の影響で改憲論議が停滞するのを避けるため、「憲法改正を争点に衆院を解散することはない」(自民党幹部)との見方がもっぱらだ。ただ、政府高官は会合後、「『今月は考えていない、の間違いだ』と首相は言っていた」と説明し、年内の解散見送りは否定した。
(1月6日、読売新聞)

これは「言い間違い」というよりは「つい本音が出た」と解釈すべきだろう。
安倍総理がこの年末年始に解散総選挙を考えていたのは、「日露会談の成果で選挙に勝てる」「景気が悪化する前に、あるいは区割り変更する前に選挙をやりたい」と考えていたからだった。ところが、日露会談が想定していたような成果が上がらず、自民党内の事前調査でも芳しくない結果が出たため、解散を断念したと伝えられている。
そこで「次は区割り変更後の今年秋か冬」と騒がれ始めているわけだが、その判断は早計だ。

最大の好機を見送った安倍氏的には、「現状の両院3分の2議席をどこまで上手く使うか」を優先的に考えるのが合理的であり、「改憲を先行させよう」と判断するのは至極自然の流れだと考えられる。すでに安倍氏の言葉の端々にそれが表れている。
この場合、来年の通常国会が山場になるため、「3分の2が崩れる」リスクを侵すような解散総選挙に出ることは、ほぼあり得ない。例えば、よほど景気が好転して「3分の2の維持は間違いない」と判断するような状況が生まれれば別だが、その可能性は低いだろう。
この通常国会では、またぞろ「共謀罪」のような国民弾圧法が上程することもあり、ますます解散するメリットが無い。
つまり、今年中に安倍総理が解散に打って出る可能性は低く、今のところ20%程度ではないか。
posted by ケン at 12:25| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする