2017年01月21日

平田弘史展

山岸凉子展に続き弥生美術館で開催されている平田弘史展に行く。やはり原画や原書のパワーは強力なものがあり、しばらく頭にこびりついて離れなさそうだ。

Ct6AQVBUIAERCIzs.jpg

白土三平(カムイ伝)、小島剛夕(子連れ狼)に並ぶ時代劇画の雄なのだが、2人に比べると知名度は低い。主な作品は『薩摩義士伝』『黒田三十六計』。書家としても一部では絶大な人気があり、例えば大友克洋『AKIRA』、山口貴由『シグルイ』、西尾維新『刀語』の題字がある。
知名度が低めなのは、読者を選ぶ独自路線でとうてい万人に勧められるものではないからだが、逆にそれ故にマニアックな人気を博している。また、漫画作品として見た場合、情念が深すぎてストーリー的に分かりづらかったり、下手すると破綻しているので、とにかく読みづらいのだが、それを上回る画力とパワーが読者を魅了している。
例えば『薩摩義士伝』などは、冒頭の第一話からして、東西二軍に分かれた武士群が死罪人の生肝を血だるまになって奪い合う「ひえもんとり」から入るわけだが、一般の読者は97%くらいの人が第一話を読み終えること無く、本を閉じるだろう。だが、残りの3%の人は熱烈なファンになってしまう。『駿河城御前試合』(原作は南条先生)や『日本凄絶史』もその類いだ。
『首斬り朝』や『子連れ狼』を人に勧めまくった私も、平田弘史先生は勧めづらいものがある。

そして、先生は天才である。
劇画も書も独学で、全て「見よう見まね」でしかなく、伝説では「三年働くと、電池切れして三年休み、困窮を極めるとまた再開する」と言われていたが、「当たらずとも遠からず」よりは当たっていたことが判明。さらに、他人に先駆けて1990年代にPCを導入して作画のフルデジタル化を実現するも、「俺には合わん!」と言って元のペン画に戻してしまっている。

現代の時代劇は映画でもドラマでも、中世の蛮性がそぎ落とされて美麗に取り繕われており、武家出身の私からすると、まったくリアリティが無いだけに、平田先生の作品と画は貴重すぎるものがある。
本ブログでも「リアルな時代劇を求めて〜薩摩健児残酷物語」や「薩摩の蛮性」で中世の蛮性を記してきたが、やはり絵があるのと無いのとでは理解が異なるだろう。
武士や戦国に関心のあるものなら、作品を一読して本展に足を運ぶべきだ。

【追記】
個人的にはリアルな「足軽物語」が一本欲しいと思っている。食い詰めた小作人が足軽になって、「戦場働き」をするが、戦もそこそこに田畑には入って米や麦を勝手に刈り取り焼き払い、民家を襲っては掠奪して主を誘拐し、後日駐屯所に立った「人質市場」で奴隷商人と価格バトルを繰り広げ、提示された値段が気に入らないと斬り殺して遁走、また別の武将に仕え、延々と繰り返してゆく話である。やはり世の中に必要なのはリアリズムである。

【追記2】
「観光」「明治百五十年」「死刑」のキーワードを組み合わせると、自然「ひえもんとり」しか出てこないだろう。いま鹿児島でやれば全世界から観光客が何十万人と集まると思うので、ぜひ官邸か観光庁に進言したい。読者の皆さんもぜひこの機会に、海音寺潮五郎「西南戦争遺聞」、里見ク「ひえもんとり」、平田弘史『薩摩義士伝』を読んで欲しい。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする