2017年02月04日

2017年の迷宮初め

3人でGMT「Triumph & Tragedy」をプレイする予定だったが、1人不都合となり、K先輩と2人で「ラビリンス−テロ戦争」をプレイすることに。今年も迷宮人気に変化は無い模様。今回も先輩がアメリカ、私がジハーディストを担当した。

一戦目は、久しぶりに「覚醒」ではなくオリジナルの方をプレイすることに。シナリオは2001年。アメリカは、セオリー通り最初にアフガニスタンに侵攻。セルは、中央アジアとパキスタンに流出する。ジハーディストは、パキスタンでテロやジハードを実施するも、ダイス目が悪く上手く行かない。そうするうちにブット氏が首相に就任したため、パキスタンは諦めてまず中央アジアで、次いでイラクで革命を目指す。一方、米国では厭戦気分が高まり、穏健路線に転換してしまうが、イベントも相まってトルコの安定化に成功する。ジハーディストは、フセインを倒して原理主義政権を打ち立てるが、湾岸諸国とサウジには米軍が駐留、シリア、ヨルダン、トルコは比較的安定しており、「革命の輸出」が難しく手詰まりとなった。だが、カザフスタンで核兵器が流出、ちょうどイギリスに潜伏していたセルが、米国内に潜入してイベントでテロを計画、アメリカはそれを止めることかなわず、「米本土核テロ」が生起して、サドンデスとなった。
「覚醒」では、大量破壊兵器を入手して米本土で使用するよりも、アフリカ等にイスラム国をつくる方がはるかに「楽」になってしまっており、ジハーディストがパキスタンやシリアに固執する必要が低下している。それだけに、オリジナル版における「大量破壊兵器流出」のハラハラ感が非常に新鮮だった。

P1250427.JPG

二戦目以降はハウスルールを試してみる。「ジハーディストが有利すぎる」との共通認識から、いくつか案が出されたが、まずは私の「盤上に原理主義国が存在しない場合、ターン終了時にジハーディストの資金をマイナス2する(−1ではなく)」を採用することにした。ジハーディストが有利なのは、テロを行えば資金が入るので、資金に困るのは珍しいくらいレベルにあるが、他方でアメリカの威信はなかなか上がらないので、全般的に「ジハーディストはいつも余裕があり、アメリカはいつも苦しい」展開になりがちだ。このローカルルールを採用することで、多くの場合、原理主義国が無いとジハーディストの資金段階が1つ下がることになるため、少なくとも「ジハーディストはいつも余裕」ということは無くなるだろう、との読みがあった。

オリジナル版の2002年シナリオ(アフガン侵攻後、イラク侵攻前)を選択。このシナリオではセットアップ時に原理主義国がないため、3ターンにはジハーディストの資金が「最低」ランクになり、手札7枚、セル上限「5」になってしまう。そこで当然、「イラクで革命を」と考えるが、アメリカは先手を打って「イラクで大量破壊兵器発見」の濡れ衣を着せてイラクに侵攻、史実通りの展開となる。だが、アメリカも政府不信が高まって威信を「1」まで低下させてしまい、互いのダイス目の悪さも相まって、両者とも「手が進まない」ターンが続く。しかし、結局のところイベントによるプロット(テロ)や資金供給によって、ジハーディストが息を吹き返し、中央アジア、次いでトルコで革命を起こす。この間、アメリカは穏健路線に転換しており、手札の少なさに耐えきれず、アフガニスタンから撤兵していたが、そのアフガニスタンでも革命が起き、最後はスーダンに原理主義政権が誕生してサドンデスとなった。
アメリカは先手を打って中東のヘソ(湾岸、サウジ、イラク)を抑えたは良いものの、威信を最低値にしてしまい、そこから全く手が進まず、他方、ジハーディストは資金繰りに難渋すると同時に、兵力を分散させざるを得なくなり、苦しい展開となった。結果はともかく、ゲームバランス的には「悪くない」と判断された。

第三戦は、引き続き上記ローカルルールを採用しつつ、「覚醒」の2010年シナリオを試してみた。マリで早々に内戦が起き、セルが山のように現れてあっという間に原理主義政権ができたため、ジハーディストは資金に困らない展開となる。アメリカは最初から穏健路線で、威信も高かったため、原理主義国を放置して援助外交に専念する戦略を採った。普通ならジハーディストの「手」の方が早いはずだが、ダイス目が死ぬほど悪く、ダイス3個振って「1〜3」が2個出れば成功する大ジハード(革命)を三回やって一個も出ないという、恐ろしく無能な現場指揮官だった。結果、アメリカはアラブ、ジハーディストはアフリカという「棲み分け」がなされ、互いにソロプレイのような展開となるも、やはり最後はジハーディストが逃げ切ってサドンデスとなった。

P1250429.JPG
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする