2017年02月11日

1、2月の読書(2017)

ロシア革命100周年ということで、色々な本が出ているみたいだけど、まずは様子見。

51QNN4X9s5L__SX344_BO1,204,203,200_.jpg
『超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条』 フィリップ・E・ テトロック、ダン・ ガードナー 早川書房(2016)

既出

51ceEmv8I1L_.jpg
『人質の経済学』 ロレッタ ナポリオーニ 文藝春秋社(2016)
「欧州難民問題の構図」の元ネタ。犯罪、テロと見られがちな人質誘拐を「ビジネス」「経済」の視点から解析する意欲的な一冊。少なくとも「経済学」ではないのだが、ジャーナリズムを重視しつつもセンセーショナルに傾斜することなく、中東・アフリカの貧困が誘拐や海賊をビジネスとして成立させ、欧米の対応がそれを加速させている事実を淡々と指摘してゆく。ジハーディストの資金源がどのように形成されているか、実は米欧も「一蓮托生」であることなど、非常に納得度の高い一冊に仕上がっている。特にGMT「ラビリンス−テロ戦争」のプレイヤーは必読。

『データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』 矢野和男 草思社(2014)
身体に装着して人の行動の様々なデータを恒常的に計測する「ウエアラブルセンサ」を用いて収集したビッグデータを解析することで、行動経済学や心理学などで仮説とされたものを立証してゆく。「人は効率的に時間を使えるのか」「職場の生産性を高める要素は何か」「従業員は何によって幸福を担保されるのか」など、それぞれ回答は意外であったり、陳腐だったりするわけだが、科学的データを用いて説明しているので、一定の説得力がある。だが、「科学、科学」と言われると、逆に胡散臭く聞こえてしまうところがあり、ナゾである。

『ベトナム戦争―誤算と誤解の戦場』 松岡完 中公新書(2001)
ベトナム戦争を最新の視点からシミュレートしたGMT「Fire in the Lake」を購入しようとしたところ品切れだったので、できるだけ新しい解説書を読んでおこうと思った次第。ベトナム戦争終結から40年以上経ち、日本では完全に風化が進み、特に冷戦後などに公開された新資料が膨大にあるにもかかわらず、それを用いた研究は多くない。本書はその貴重な一冊で、良いバランスでまとめられており、「おさらい」を兼ねて最良の選択と言えそう。ただ、著者は冷戦研究者のようなのだが、かなり米国寄りの視点になってしまっており、今どきスターリンを「独裁者」などと書いてしまっているのは、ソ連学徒として噴飯ものだ。

『考証 日ソ中立条約』 ボリス・スラヴィンスキー 岩波書店(1996)
グラスノスチとソ連崩壊を経て(一時的に)公開されたソ連の外交文書を駆使して書かれた、主にソ連側から見た日ソ中立条約の研究。格別な新事実や驚きがあるわけではないが、ソ連側当時者たちの生々しい発言や思考が確認できると同時に、日本側の外交担当者がいかに(バレバレの)二枚舌を駆使して条約締結と維持に努めたかが良く分かる。日ソともに1941年春期の国益を追求した結果、条約締結に至っただけの話で、ソ連側としては日米が開戦して日本が敗勢に至るまで、日本による条約破棄、極東侵攻をずっと警戒し続けていたことが実感できて興味深かった。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする