2017年02月26日

AH「Up Front」発掘!

P1250440.jpg

先日「Combat Commander」をプレイした際に、T後輩が「アップフロントならプレイしたことあるんですけどね」と言ったことから、このたび蔵を漁って発掘することになった。
「Up Front」は、1984年、アバロンヒル社製のカードゲーム。「スコード・リーダー」を「手軽」にプレイできるよう、カードゲーム化したものだが、全体的にウォーゲームが軽量化された今日見ると、ちっとも手軽じゃない。カードゲームなのに40ページからのルールを読まないとプレイできないとか、現代の感覚では「あり得ない」レベル。まぁ本ゲームも、一度読んでしまえば、ルール自体はさほど難しいわけではないのだが、プレイ自体はなかなかに難しい。
「スコード・リーダー」と、この「アップフロント」を足して二で割ったのが、「Combat Commander」という評価もあるが、当たらずとも遠からずな感じ。

ただ、「スコード・リーダー」と「Combat Commander」では、基本的にプレイヤーは小隊長として各分隊を指揮するが、本作は「1ユニット(カード)=1人」を単位として10〜15人を率いて敵と戦う分隊長の役割を担う。その意味で、最小単位の戦術級ゲームと言える(同レベルのゲームにバンダイの「最前線」もある)。
「アップフロント」では、基本的に分隊を2つないし3つくらいの班に分けて、前進後退しながら敵を射撃し、無力化することで得点を稼ぐ。だが、マップはなく、兵も武器もカード化されており、移動や射撃などの行動もカードで行うが、地形もカードで表されている。敵との距離は0〜5の相対距離で計られる。マップが無いため、いろいろ想像力を働かせないと厳しいものがあるが(敵に地形カードを付けるところとか)、慣れればこれはこれで良いものがある。1人1ユニットなのに、戦車も出てきてしまうところも結構キテいる。

幸いにして、日本軍と英軍の「バンザイ!」と、仏軍と伊軍の「デザート・ウォー」も発見された。後者の方はシナリオがなので、自作するか他のシナリオを援用する必要があるが。
まずは「CC:Pacific」などの翻訳があるので、後回しになりそうだが、今年中には必ず再戦したい。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする