2017年02月27日

「約束の国」に向けてまた一歩

【大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」】
 小学校用地として取得を望んだ国有地が隣地の「10分の1」という破格の安値で払い下げ――。不可解な国有地売却問題が浮上した学校法人「森友学園」(大阪市)が問題の小学校設立の寄付を呼びかけた際、ナント「安倍晋三記念小学校」なる名称を用いていた。「1口1万円で寄付を呼びかけられたのは、2014年のこと。森友学園がちょうど大阪府に小学校の新設認可を申請していた時期で、経営する『塚本幼稚園幼児教育学園』の園児の保護者に、ゆうちょ銀の払込取扱伝票を何度も配っていました」(保護者のひとり)
 伝票(写真)には「安倍晋三記念小学校」の文字がしっかりと記されている。この幼稚園は園児に「教育勅語」を暗唱させる“愛国教育”で知られる。「14年4月には安倍首相の妻、昭恵夫人が訪問。園長が『安倍首相ってどんな人?』と問いかけると、園児が『日本を守ってくれる人』と答える姿を見て、いたく感動したそうです」(関係者)
 その後、昭恵夫人は、問題の「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長の座に納まっている。森友学園には「安倍晋三記念小学校」という名称で寄付を募った経緯を繰り返し問うたが、「担当者不在」を理由に実質、取材拒否だ。学園の籠池泰典総裁は、日本最大の右翼組織「日本会議」の大阪代表・運営委員。総裁が幼稚園のHPに掲載した「インターネット上での当園に対する誹謗・中傷記事について」と題する声明文には、こんな表現がある。〈専門機関による調査の結果、投稿者は、巧妙に潜り込んだK国・C国人等の元不良保護者であることがわかりました〉〈日本精神をとりもどすためにも、(中略)断固として立ち向かう所存です〉ぜひとも調査結果を公開して欲しい。
(2月15日、日刊ゲンダイ)

安倍晋三記念小学校」、ロシア語にすると、"Частная школа имени Абэ Синзо"だが、私立なところが今ひとつピンとこない。まぁこの調子で「稲田朋美記念陸軍士官学校」とか、「世耕弘成記念原子力発電所」とかつくられ続ければ、かなりソ連っぽくなってくるな(爆)

【<厚労省>保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言】
 厚生労働省は14日、保育所に通う3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を初めて盛り込む保育所保育指針改定案を公表した。同日文部科学省が公表した幼稚園の教育要領案に表現を合わせた形だが、保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設のため、過度の押しつけにつながる可能性があるとの懸念が出そうだ。
 保育所保育指針改定案には、国旗について「保育所内外の行事において国旗に親しむ」、国歌については「正月や節句など日本の伝統的な行事、国歌、唱歌、わらべうたや日本の伝統的な遊びに親しむ」という表現が盛り込まれた。国旗は現行の幼稚園の教育要領、国歌はこの日公表された教育要領案と同じ表現となっている。
 保育指針改定案はパブリックコメント(意見公募)を実施し、18年度から施行する予定という。厚労省は改定について、「幼稚園と保育所の一体化を進めており、文科省の教育要領の見直しに合わせた。国旗掲揚や国歌斉唱を強制するものではない」と説明している。幼稚園は学校教育法で義務教育前の教育を担う場、保育所は児童福祉法で保護者に代わって保育する場とそれぞれ位置付けられており、本来の目的は異なっている。
(2月14日、毎日新聞)

いずれは保育所でも、国歌斉唱時に起立しなかった保育士を追放したり、保護者を糾弾したりということになるのだろう。反政府、反体制の親を持つ子どもは育児サービスすら受けられなくなることを意味する。

先の記事も合わせて、いよいよ「約束の国」が近づいてきたぞ。惜しむらくは、「パンの値段は50年間不変」ではなく、「ブラック企業にもしっかり補助金」というディストピア度の高さにあるわけだが。これは、社会主義を実現するために権威主義化を図るのでは無く、社会保障を放棄するために権威主義化を図るところに起因しているのだろうと推察される。
posted by ケン at 12:20| Comment(5) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする