2017年03月13日

野党に寄生して無効化させる連合

【民進党大会 連合・神津里季生会長「私たちにとっては民進党しかありませんから」】
 連合の神津里季生会長は12日午後、東京都内のホテルで開かれた民進党の定期大会でのあいさつし、原発をはじめとするエネルギー政策について「責任ある対応を引き継ぐことが国民の期待に応える」と強調し、「原発ゼロ」の年次前倒しを一時検討した蓮舫代表を牽制した。詳報は以下の通り。
 「昨年3月の結党大会から、もうすぐ1年ということであります。その間に、世界ではさまざまな出来事がありました。英国のEU(欧州連合)離脱、そして米国のトランプ大統領誕生など、懸念されるのは、内向き志向、そして、自分たちさえよければいいという考え方の横行ではないかと思います。政敵を自ら作り出し、自身の支持率の維持向上につなげる、それは本来の民主主義のあるべき姿ではないと思います。リーダーの立場にある人間、あるいは為政者が、自ら対立や分断をあおるようなことはしてはならないと思います」(中略)
 「それは、まず個々の政策をそれぞれ磨き上げて、それらをパッケージ化し、目指す社会像、ビジョンや政権構想として、早期に国民に分かりやすい形で示していただきたいというものであります。こうしたビジョン政権構想は、現政権との間での基本的な立ち位置の違いを明確にするためにも必須であります。個々の政策をバラバラに示しても、なかなか民意を取り戻す、そういった部分にはつながらないのではないかと思います。民進党として、どっしりとした存在感を世にアピールしていただきたい。このことを申し述べたいと思います」
 「いずれにいたしましても、支持率が急上昇するような秘策は私はないと思います。目先の状況だけにとらわれることなく、政権構想を練り上げ、候補者擁立を進めていただき、地道に国民に訴えていただくことで、働く者も生活者も不安を解消していくことが求められていると思います。それこそが、次期衆院選の勝利につながるものだと確信します。私たちも、推薦候補者全員の当選のために全力を尽くして参ります」
 「蓮舫代表を筆頭に、民進党の皆さんがたが、大きな発展に向かわれることを心から願います。私たちにとっては、民進党しかありませんから、ぜひ、よろしくお願いしたいと思います。ともにがんばりましょう」
(3月12日、産経新聞、一部略)

自分たちの中で圧倒的に無関心層と自民党支持が増えているのに、相も変わらず民進党支持を続ける連合。連合が掲げる政策の殆どは自民党・霞ヶ関に親和的で、むしろ民進党が目指そうとしている社会をかけ離れている。
言うまでも無いことだが、原子力発電を廃止しようとすれば電力総連が反対し、安保法制に反対しようとすればゼンセンがクレームを付け、労働時間規制を導入しようとすれば連合本体が文句を付けてくるという具合で、連合が民進党の政策に口出しすればするほど、民進党の政策は自民党と同質化してゆく構図になっている。

連合・神津執行部の腹は、敢えて「野党第一党の獅子身中の虫」となることで、「強い野党を作らせない」よう、自民党を間接的に支援する、あるいは邪魔させないところにあると思われる。
現状、連合の政治的圧力によって民進党は、全く自民党の対立軸を打ち立てることができず、野党としていかなる影響力も発揮し得ていないことが、それを裏付けている。また、連合の逢見事務局長(UAゼンセン)は頻繁に官邸や自民党関係者と接触しており、彼らから指示を受けているものと推察される。

一方、民進党は民進党で、自前の党員や党組織を持たないため、選挙の実務や人手の大半を連合に依存しており、連合の支援無くして選挙区で勝てるのは衆議院で2桁に行くか行かないかだろうと考えられている。
民進党の前身である民主党が、自前の党員を持たない党組織を指向したのは、かつての社会党が総評と社会主義協会の党員によって牛耳られ、国会議員の影響力が小さく抑えられていたことに対する反省、懸念に基づいている。
ところが、現実には党組織を持たない民進党は、自前で選挙ができないため、全てを連合に頼らざるを得ず、結果的には社会党時代と同様に労働組合依存を強めてしまっている。社会党との決定的な違いは、労働組合そのものの体力が大きく低下しているため、その運動力も集票力も非常に限定されたものになっている点だろう。

その結果、民進党は政策的には自民党と大差がないため「じゃあ自民党でいいじゃん」との評価が固定化、運動力と集票力では地域に密着した自民党に劣り、自民党に対していかなる点においても優越性を発揮できない政党になっている。
連合としては、民進党が「弱い野党」であり続けることで、自身の利益にかなうと同時に、万が一自民党が大不祥事などで総選挙に大敗、下野することがあっても、何らの政策変更がなされない担保となっている。

以上の意味で、連合の存在は、民進党はおろか、日本の議会政治をも「詰ませて」いるのである。

【追記、03/14】
朗報です。連合の努力により、ストを打つことも無く、「残業月上限100時間未満」が実現されました。政府が示す過労死ラインを上回る残業が公認される「歴史的改革」となりました。
posted by ケン at 13:48| Comment(0) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増村寛 遺作展

SKM_C284e17031313420.jpg

SKM_C284e17031313421.jpg

一昨年昇天された、中学、高校の恩師である増村先生の遺作展。
自分もそんな年になったのかと。「お前はいつ個展やるんだ?」と言われているみたいで、腰が引けるけど・・・・・・
posted by ケン at 13:46| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする