2017年09月25日

オン・ザ・ミルキー・ロード

AMOoiCFAj1.jpegborder="0">
『オン・ザ・ミルキー・ロード』 エミール・クストリッツァ監督 セルビア・英米(2016)
戦時中のとある村。ロバに乗って銃弾をかいくぐりながら兵士たちにミルクを届ける牛乳配達人の男は、村の美しい女性に愛されて幸せな毎日を送っていた。ところがある日、謎めいたイタリア人美女と恋に落ちたことで、男の人生は一変する。イタリア人美女の過去が原因で村が襲撃され、2人は危険な冒険の旅へと身を投じる。



アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』で知られるセルビアのエミール・クストリッツァ監督の最新作。
一応架空の国という設定のようだが、どう見ても内戦中の旧ユーゴスラヴィア。セルビア語だし。「3つの実話と多くの寓話から構成される」というのが冒頭の説明。
過酷で痛ましい内戦を、ロマンスとファンタジーに仕上げてしまうクストリッツァ監督の手腕は相変わらずだ。しかも今回は本人が主演。ロード・ムービー的でどこか狂騒的であり、動物満載で冗長なところも毎度のこと。
前半部の内戦はどこか「隣村との紛争」のような牧歌的なところがあったものの、ひとたび多国籍軍が介入すると全てが灰燼に帰してしまうところは、非常に象徴的だ。

今までの作品と比べると、より分かりやすくなっている点と、その反面で物語が一直線になっているところが評価の分かれるところかもしれない。まぁ元々観る人を選ぶ監督なので、クストリッツァ・ファンであれば急いで観に行くべきだろう。
posted by ケン at 12:36| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする