2017年10月04日

立憲民主党の船出

希望の党から排除された前議員を中心となって「立憲民主党」が結党。
これを受けて、前原民進党代表は「分裂は想定内」と発言、自らの売党行為が準備された陰謀であったことを認めた。これにより民進党内のリベラル派は壊滅寸前に追い込まれた。だが、希望側の非道な対応や権威主義的傾向が露呈してくると、早くも失速しそうな情勢にある。他方、リベラル新党が立ち上がると、これまで「相応しい投票先が無い」と考えていた層が一気に盛り上がりを見せている。
リベラル派の候補は最悪の展開こそ回避できたものの、希望が失速したように立憲民主党が失速する可能性もある。非常に民意の揺らぎが大きくなっているだけに、まだまだ予断を許さない状況にある。

今後、希望の党は立憲民主党候補に大攻勢をかけると思われるが、自民党にとっては好都合な状況にある。三つどもえになって得をするのは自民党だが、今のところ自民党にとっての脅威は希望であって立憲ではないため、自民党としては立憲を間接支援するのが戦術的に有効な選択肢となっている。KM党にとっても、自らが主導権を握るためには「自民党や希望が勝ちすぎない」ことが肝心であるだけに、立憲民主党の健闘は「望むところ」だと考えられる。また、希望が立憲に対して攻勢をかければ、ダーティーなイメージを強めるだけに、必ずしも自らに有利に働くとは限らない展開になっている。
とはいえ、立憲民主党はかろうじて総評系組合の支援が期待できるだけで、資金的にも人員的にも苦しい戦いが強いられるのは避けられない。もっとも、希望も立候補者からカネをむしり取るような有様ではあるのだが。

選挙の結果は「ダイス次第」なところが大きいが、問題は選挙後の民進党の動向となる。前原代表の狙いは、選挙でリベラル派を追い落とした上で、120億円とも150億円とも言われる党資産を持って希望に合流するところにあるが、これを阻止する必要がある。そのためには、無所属で出ている前原氏をなんとしても選挙区で落選させ、党代表から引きずり下ろした上で、参院民進党が新代表を選出、全資金を持って立憲新党に合流するか、最悪でも分党して合流する必要がある。
幸いにして、前原氏には「パソナ疑惑」「公明内通疑惑」「外国人献金疑惑」など山ほどスネに傷を抱えているだけに、民主的な世論に期待するところ大である。
posted by ケン at 18:31| Comment(9) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする