2017年10月14日

自民党の駅立ちはプロ棋士の穴熊

昨晩、自民党候補が某駅で秘書と夜立ちしているとの報告を受ける。報告的には「自民党も夜までがんばってる」的ニュアンスを含んでいるが、「まぁ落ち着け」となだめる。原則的に自民党の選挙は、夜はいくつもの宴席を分刻みではしごするというもので、それが駅頭に立っているということは、「誰からもお声がかからない可哀想な人」であることを示している。まして金曜の夜ならなおさらだ。そもそも自民党候補の駅頭立ちなど、プロ棋士がアマチュアに対して穴熊を組むような話で「みっともない」行為であるという尊い伝統は失われているようだ。
posted by ケン at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする