2017年10月31日

第48回衆議院総選挙を分析する

突然の解散からすったもんだした挙げ句、フタを開けてみれば与野党の議席はほぼ変わらだった。巷では「こんなに笑えるものなら、東京五輪なんかやめて総選挙を10回やれば、10回楽しめて費用は3分の1だ」とまで言われている。今回の総選挙も、従来同様、小選挙区制の特徴が強く出る結果となったので、全容を見てみよう。

まず小選挙区。自公合わせた得票は2733万票で、得票率は49.3%。対する野党は2809万票で、50.7%。獲得議席は、与党226に対し、野党63。与党は49.3%の得票で議席の78.2%を占めたのに対し、野党は50.7%の得票で21.8%の議席占有率となっている。
次に比例区(得票数、得票率、議席)。

自民:1856万票 33.3% 66
KM: 698万票 12.5% 21

立民:1108万票 19.9% 37
希望: 968万票 17.4% 32
NK: 440万票 7.9% 11
維新: 339万票 6.1% 8
社民: 94万票 1.7% 1


比例は与党46%に対して野党54%となっている。与党の合計は2562万票に対し、野党五党の票は2949万票と上回っている。だが、獲得議席は与党87に対し、野党89で、これはブロック別であることや、立民が東海ブロックで候補者不足となり、1議席分を自民に譲ってしまったことが影響している。

比例区のみを見た場合、自公は過半数を有しておらず、希望ないし維新と連立を組まなければ政権を維持できない構造になっている。だが、小選挙区を合わせると、議席占有率は67.3%となり、3分の2を超す勢力になる。

小池都知事は、こうした勢力図を見越して、賭けに出たわけだが、7月の都議選の成功体験が仇となり、排除した者たちが結成した立憲民主党の逆撃を食らって大敗した。結果として敗北はしたものの、「自民の優勢は選挙制度によるもので、決して盤石では無い」という小池氏の認識自体は正鵠を射ていた。

また、NK党は本来禁じ手である「下院選挙における選挙協力」を行った結果、前回の比例区704万票から440万票へと激減(62%)させ、議席も21から11へと半減させている。同じ流れで社民党も前回の131万票から94万票へと減らしている(71%)。これらの減らした票の大半が立民に流れていると見られるだけに、旧式左翼は合流論で行くか、共闘から距離を置いて独立路線で行くか、厳しい選択が迫られそうだ。

立民は立民で、ある種の純化路線を採ることで人気を爆発させたが、それだけにウィングを広げる可能性(選択肢)に乏しく、現状以上の支持が得られるのか、一から党組織を再建できるのか、課題が山積している。

自民党と霞ヶ関からすれば、「弱い敵をさらに分割してやった」という意味で「圧勝」だったと言えるだろう。

【参考】
自民党は勝利したのか:47回総選挙の結果を分析する
posted by ケン at 12:22| Comment(4) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする