2017年11月08日

野党第一党が三分裂しただけ

【民進、再分裂含み=共産との連携めぐり】
 民進党の新代表が無投票で大塚耕平氏に決まったのは、リベラル系の一部が選挙戦回避に動いたためだ。衆院選で露呈した共産党との連携の是非をめぐる亀裂が、参院側に及ぶのをひとまず防いだ格好だ。だが、潜在的な対立が続くことに変わりなく、民進党は再分裂含みで再出発する。
 大塚氏を代表に押し上げた原動力は、参院に多くの組織内議員を有する旧民社党系グループだ。連合と同様、共産党との連携には否定的。大塚氏は記者会見で、共産党との協力に関し、「なかなか難しいという意見がこれまであった」と指摘。立憲民主党、希望の党との関係については「等距離だ」と述べたものの、党内では憲法改正を掲げる希望寄りとの見方が支配的だ。
 共産党との連携を容認するリベラル系議員には、蓮舫元代表を推す動きがあった。大塚氏が党運営の主導権を握れば、地方組織や100億円超とされる党の資金が希望に移るとの警戒感からだ。蓮舫氏に近い議員は「大塚代表になれば左派切り捨てになる」と語っていた。
 ただ、リベラル系も一枚岩ではなく、選挙戦突入を懸念する向きもあった。7月の東京都議選敗北で引責辞任した蓮舫氏の再登板に「国民の理解が得られない」(中堅議員)との声が上がったことも踏まえ、リベラル系の一部は蓮舫氏の推薦人確保に協力せず、結果として同氏は出馬を断念した。
 大塚氏は31日の両院議員総会で「皆さまと共有したいことは次の衆院選で(民進、立憲、希望)3党を中心に政権交代を実現するという目標だ」と述べ、結束を呼び掛けた。だが、会見で2年後の参院選に民進党公認候補を擁立するか問われると「確定的なことを言う段階ではない」と言葉を濁した。今後の焦点は、執行部人事に移る。大塚氏の敷く布陣次第では、いったんは抑えた確執が表面化する可能性もある。 
(11月1日、時事通信)

希望の党が大敗したことで、参議院民進党は合流を断念したものの、かといって立憲民主党と合流するわけでもなく、現状維持という選択になった。
今度代表になった大塚氏は、もともと強い合流論者で、総選挙の直前まで左派切りと希望合流を主導した、いわば「戦犯」の一人だったはずだが、どのような党内力学が働いたのか不明だが、新代表に選ばれている。

大塚氏は主に同盟系労組の組織内議員に担がれたと見られるが、その思惑は「希望は遠からず解体するので、希望議員を民進党に再統合するために、ハコを残しておく必要がある」というものだと推察される。
だが、現実には民進党の支持率は1%を切るような有様で、仮に希望が解党されたとしても、支持率が戻るという保証は無い。むしろ立民が最大野党として認知され、政策の対立軸も明確に打ち出すと期待される以上、民進党は「終わった党」と見なされる可能性が高い。

単純に次の選挙(統一自治体選と参院選)を考えた場合、「立憲民主党で出たいですか、それとも民進党で出たいですか?」と立候補希望者に率直に尋ねれば、大半の者は(今回支援しなかったものでも図々しく)「ぜひ立民から出たいです」と言うだろう。

また、大塚氏と連合の狙いは「立民潰し」にもある。民進党に残った総評系やリベラル系の議員を拘束して、立民への移籍を封じることが目的で、これにより立憲民主党は参議院に勢力を持てず、人員的にも資金的にも困窮することになる。国政政党としては、片肺での飛行を続けるような話で、いわば兵糧攻めのような状態に陥る。
もっとも、参議院は参議院で、民進党のままではまともに選挙にならないので、どこかの段階で突破口をつくる必要があるが、今のところ何のメドも立っていないと思われる。

いずれにせよ、いましばらく主要野党は分裂したままとなり、自民党と霞ヶ関はウハウハな状態が続くものと見られる。「野党の数が増えて説明や交渉の手間が増えて大変」という声は聞かれるものの、贅沢な悩みだろう。
posted by ケン at 12:35| Comment(2) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする