2017年11月22日

10、11月の読書(2017)

突然の解散、総選挙でロクに本も読めなくなってしまったが、帰京後は涼しくなってきたので、それなりのペースで読書できている。

d3c2f16d78d8177aa02da746c4104726--book-design-typography.jpg
『じゅうぶん豊かで、貧しい社会:理念なき資本主義の末路』 ロバート・スキデルスキー、エドワード・スキデルスキー 筑摩書房(2014)
経済学というよりも、哲学から現代の資本主義と経済学の有り様を問い直す書になっている。ロバート・スキデルスキー師は、ケン先生も尊敬するケインズ学者だが、共著者で息子のエドワードは中世哲学の研究者であることにも起因している。経済成長や技術革新が進めば進むほど、所得格差や資産格差が進み、貧困が内在化してゆく現代資本主義の特徴を見つめ直し、「豊かになることが幸福」という従来唱えられてきた価値観を横に置いて、「貪欲からの脱却」「(精神的幸福ではなく)良い暮らしを実現するための基本的価値」を思索、追究してゆく。例えば、一定以上の所得のあるものは、所得の多寡で幸福や満足が左右されることはなく、家電製品の普及は実は家事労働時間を大きくは減らさなかった。ケインズは1930年代の経済成長率や技術進歩を見て、百年後には資本主義が抱える諸問題は解決され、生活に必要な収入を得るには少々の労働時間で十分となり、人々は余暇を楽しみ、創造的な活動に専念できると予想した。だが、現実には技術革新で中間的な雇用は失われ、貧困層は低賃金が故に超長時間労働を強いられ、富裕層は富裕層でさらなる貪欲を追求するために長時間労働に従事している。現代の先進国や中進国が例外なく抱えている問題であり、「経済成長と再分配がなされれば十分なのか」という視点から、政治に関心のあるものは必読だろう。

41cTVSp0sgL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg
『兵農分離はあったのか−中世から近世へ』 平井上総 平凡社(2017)
ごく一部の専門家を除くと、すこぶる便利なキーワードと化している「兵農分離」を再定義する試み。一般的には、「織田・豊臣などの先進的な戦国大名が兵農分離を進め、プロフェッショナルの軍隊を作り上げて、天下を統一した」という説明が定着しているが、果たして兵農分離は本当に政策化されていたのか、織田・豊臣が推進したのか、そもそも兵農分離の概念とは何なのかを一から問い直している。戦国分野の研究は非常に進んでおり、常にアンテナを張って知識を更新しないとすぐに遅れてしまうところが刺激的でもある。

『戦争と農業』 藤原辰史 集英社インターナショナル新書(2017)
シンプルながらセンセーショナルな題名になっているが、戦争と農業の関係に触れているのは前半部のみで、やや難がある。本書のテーマは、技術革新によって農業や食の有り様が大きく変化する中で、飢餓と貧困は解決の目処すら立っておらず、農業の産業基盤が脆弱化し、食糧の寡占が進む現代社会への警鐘である。いくつかの講演をまとめたもので、問題提起は良く理解できる。飽食が進む一方で、農業と食の課題はますます深刻化していることが分かる。

233_1.jpg
『習近平政権の新理念−人民を中心とする発展ビジョン』 胡鞍鋼ほか 日本僑報社(2017)
献本いただいた一冊。習近平政権のブレインである胡鞍鋼氏(清華大学教授)が、現代中国が目指す「六大発展理念」を解説している。概念的で網羅的なので、中華学徒ではない私などは「ふむふむなるほど」と言うほかないのだが、同時に「やはりまだまだ近代化が課題なのだな」とも思う。衰退期まっただ中にある日本人としては、眩しいまでのパワーを感じる。

『物語フィンランドの歴史−北欧先進国「バルトの乙女」の800年』 石野裕子 中公新書(2017)
自分はフィンランド好きではあるが、通史は読んだことが無いので、一度読んでみようと。コンパクトに上手くまとめられ、記述も客観的で好感が持てる。
posted by ケン at 12:44| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする