2018年01月22日

無いところに仕事をつくる観光庁

【若者はもっと海外旅行を!=促進策を検討−観光庁】
観光庁は、若者の海外旅行離れを食い止めるため、促進策を探る有識者検討会を設置して議論に着手した。海外での経験は視野を広げることにつながるほか、外国人観光客の受け入れ体制を整備する際役立つ。同庁は、若者が海外旅行をしやすくする取り組みの方向性を今年度末までにまとめ、2019年度予算概算要求に関連施策を盛り込む方針だ。
 1996年の日本人の出国者数は1669万人で、うち20代は463万人。2016年は全体が1712万人とほぼ横ばいだが、20代は39%減の282万人だった。主な減少理由として、若者がショッピングセンターや温浴施設など近場で休日を過ごす傾向にあることや、スマートフォンのゲームなど室内での趣味が増えたことなどが考えられる。
 有識者検討会では、若者が海外に行く動機付けなどをテーマに議論。課題を洗い出した上で、旅行の促進につながるような関連省庁の事業や旅行業界による取り組みを示す。外務省や文部科学省も議論に参加しており、両省の施策も検討する。
 若者の旅行促進では、観光庁が13年2月から旅の素晴らしさをテーマとする出前授業「若旅授業」を実施。海外経験の豊富な有識者らを講師に招き、高校や大学などで昨年12月までに54回開催している。
(1月10日、時事通信)

日本のヤクニンがいかに頭が悪いか、あるいは確信犯的に満州事変を起こそうとする悪人であるかを物語るエピソード。

こんなものは、「若者が海外に行かなくなった」ではなく、単に若年人口が減っただけの話だ。20代人口を見た場合、1967年から76年に生まれたものは1953万人に対し、1987年から96年生まれの現在の20代は1238万人で約37%の減少。20代の海外旅行者の減少は39%というのだから、ほぼほぼ人口比と変わらない。

日本の所得水準が20年前と変わらないのに対し、世界全体の物価が上昇していることを考えれば、相対的に貧困化する中で、かなり無理して海外旅行に行っているのでは無いかと想像されるくらいだ。その意味では、アメリカやヨーロッパからアジアにシフトしていることは十分に考えられるが、「近場で過ごすようになった」「室内の趣味が増えた」は無関係だろう。
この統計の示すところは、中高年層が自らの貧困化や将来不安を考慮せずに海外旅行に行っている姿であるが、この辺も海外旅行の内容や金額について精査しなければ何とも言えないはずだ。
しかも、20代の年収は20年前に比して2〜4%減少している上、現在では20代の約6割が貯蓄ゼロになっている。大学生の約半数は借金して通学しているくらいだ。若年層の海外旅行など30年前か40年前くらいの贅沢になってしまっている。

以前にも「海外留学する大学生が減りつつある」と文科省や大学関係者が騒いだことがあったが、この時も若年人口の減少や貧困化を考慮せずに、「若者の内向き志向が進んでいる」などと決めつけていた。

こうした統計を読んで現実を把握することもできない連中が政策決定を行っているのだから、誤った政策が実施されて何の効果も発揮しないのは当然だろう。この辺は、エリート層が社会から完全に遊離しつつあることを示すもので、危険な兆候と言える。
エリートは若者イジメなどする前に、賃上げと労働時間を減らす方策に専念していれば良い。それができないからこそ、若者イジメに走っているのかもしれないが。
posted by ケン at 12:07| Comment(2) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

ウナギはいよいよ絶滅か

【ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ】
 絶滅の恐れがあるニホンウナギの稚魚シラスウナギが極度の不漁となっている。 水産庁によると、昨年12月の国内漁獲量は約0.2トンで、前年同月実績を大幅に下回ったようだ。今後も不漁が続けば、2018年漁期(17年12月〜18年4月)は過去最低の5.2トンだった13年漁期を下回る恐れがあり、養殖業者らは危機感を強めている。国内のシラスウナギ漁は鹿児島、宮崎、静岡など24都府県で行われている。鹿児島では18年漁が解禁された昨年12月10日以降の15日間で0.5キロと前年同期の1%程度しか取れず、「1月に入ってもかなり少ない状況」(県資源管理課)という。 
(1月17日、時事通信)

この記事からして突っ込みどころ満載。
「絶滅の恐れ」のあるウナギが「極度の不漁」とか、そもそも何言っちゃってるの?
これまでも散々絶滅する恐れが指摘されてきたにもかかわらず、漁獲制限を設けてこなかった結果であり、絶滅の危機に瀕してからもなお採り続けたのだから、当然の帰結では無いか。
一々コメントする気も失せるが、「バカに付ける薬は無い」とはまさにこのことだろう。やはり一回滅びないとダメなのかもしれない。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

黄檗宗大本山萬福寺

今回の京都旅行でもう一つ印象深かったのは、三大禅宗の一つ黄檗宗の大本山である宇治の萬福寺。カンフー映画に出てきそうな、いかにも中国風のお寺。聞くところでは、寺僧の話し方から作法まで明朝期のスタイルが継承されているというから、意識的に中国流を貫いているのだろう。

P1250776.JPG

徳川家綱の時代に明の隠元僧正を招聘して創建された。本来は要請を受けて弟子が渡航するはずだったが、船が難破し不明になり、弟子の遺志を遂げるために本人が来日、三年で帰る予定が将軍家からも懇請され、寺を建て日本に骨を埋める覚悟をされたという。この点からも、いわゆる「鎖国」という歴史用語の適切性が問われよう。
寺名は中国の本坊をそのまま継承しており、中国福建省にも同名の寺がある。

P1250781.jpg

庭や建物が中国風なので、ちょっとしたテーマパークな感じもするが、それ以上に驚かされるのは山門の正面にある本堂(天王殿)に安置されている本尊。キンキラキンの布袋様が恐ろしくニッコリして鎮座ましているのだが、何でも弥勒菩薩の現世における姿形だという。いかにも「良く来たな、まぁ座れや」という感じで「オレ、ホントはミロクなんだけど」と言われても、どうにも違和感しか覚えない。しかも、その背後を守っているのは韋駄天様で、陸上関係者が続々と祈願に来るらしい。禅宗なのに、妙に生々しい気がするのだが、そこも中国流なのかもしれない。

なお、隠元和尚は、インゲン豆、スイカ、レンコン、孟宗竹、巻繊汁などを日本にもたらし、江戸期の食革命の起源にもなった。
posted by ケン at 11:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

2019年夏トリプル選挙に向けた動き

【もう衆院選? 支部長選任急ぐ=山梨、福岡などで調整難航―自民】
 自民党は今月下旬から、これまで未定の衆院小選挙区支部長の選任を急ぐ。衆院選は当面ないとみられているが、来年予定される統一地方選や参院選をにらみ、早期に態勢固めを図るのが狙いだ。ただ、昨年の衆院選で勝ちきれなかったり、しこりが残ったりした選挙区では、調整が難航しそうだ。
 自民党は全289選挙区のうち258で既に支部長を置いた。公明党に譲っている9選挙区を除くと、残りは22選挙区。この中には、比例代表での復活当選を含め現職がいるにもかかわらず、支部長が空席の選挙区も存在する。
 山梨1区は宮川典子、中谷真一両氏が選挙区と比例で選挙ごとに入れ替わる「コスタリカ方式」を採用してきたが、導入後の過去2回の選挙ではいずれも比例復活にとどまった。比例の当選枠が奪われることに南関東ブロックの他県連の反発は大きく、同方式の解消論も出ている。
 福岡6区は、鳩山二郎氏が2016年10月の補選で県連が公認申請した候補を破って初当選。しかし、その経緯から県連内の一部に反発が根強く、支部長に就任できていない。最近は鳩山氏の秘書による国税庁への説明要求問題も発覚。党関係者は「なかなか進展しない」とため息をつく。
 保岡興治元法相の長男宏武氏が落選した鹿児島1区も、比例単独で当選した宮路拓馬氏が意欲を見せており、調整は容易ではなさそうだ。
(1月12日、時事通信)

来2019年夏の参院選に合わせて、憲法改正の国民投票をぶつけて同時に衆議院を解散、トリプル選挙に持ち込む構想と見られる。
まず今年2018年9月に自民党総裁選があるので、それまでは安倍総理は冒険できず、改憲に向けた議論も進展していないため、今年の改正は難しい。また、2020年は東京五輪が行われるため、国会の会期延長が難しく、野党に日程闘争を行われると厳しい。結果、来年の参院選に焦点をあて、それまでに国会で改憲案を上げてしまうことにリソースを集中するのが最も効率的ということになる。来年は平成帝の退位もあるので、「新帝は新憲法をもってお迎えする」という説明もできる。そして、野党が分裂したままの状況で選挙を行えば、さらに弱体化させられるので、総選挙は早ければ早いほど政権側に好都合だ。
2019年10月の消費増税前に総選挙をやってしまいたいという思惑もあるだろう。

いずれにせよ、民意などまるで無視した政権与党の都合に過ぎず、選挙貧乏と議会制民主主義への信頼失墜を加速させることになるだろう。
posted by ケン at 12:09| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

アメリカが支援したソ連の対日参戦

【ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も】
 1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。
 振興局の調査結果によると、樺太南部の返還と千島列島の引き渡しと引き換えに、ソ連の対日参戦が決まった45年2月のヤルタ会談の直後、ともに連合国だった米ソは「プロジェクト・フラ」と呼ばれる合同の極秘作戦をスタートさせた。
 米国は45年5〜9月に掃海艇55隻、上陸用舟艇30隻、護衛艦28隻など計145隻の艦船をソ連に無償貸与。4〜8月にはソ連兵約1万2千人を米アラスカ州コールドベイの基地に集め、艦船やレーダーの習熟訓練を行った。コールドベイには常時1500人の米軍スタッフが詰め、ソ連兵の指導に当たったという。
(12月30日、北海道新聞より抜粋)

これは非常に貴重な発掘。是非とも全容を知りたい。
もともと当時のソ連にオホーツク海や日本海で作戦行動を行う能力は殆ど無く、上陸用舟艇もロクになかったようだ。陸伝いに南下できる樺太はともかく、千島列島を島毎に占領してゆく術は持っていなかった。
史実でも、日本陸軍の戦車第11連隊が駐屯していた占守島の上陸戦では、ソ連側は日本側の1.5倍からの損害を出している。

逆にアメリカ側としては、対日参戦を確実にするために上陸戦のノウハウを提供すると同時に、ソ連側が「やり過ぎ」て北海道に上陸したりしないように、「適度」な援助に止める必要があったと推察される。
posted by ケン at 12:11| Comment(0) | 日本語、日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

難しくなる野党共闘と苦悩する立民

【<共産党>来夏参院選1人区、野党一本化に条件】
 共産党が来年夏の参院選での野党共闘に向け、強気の姿勢を見せている。昨年10月の衆院選では67選挙区で独自候補を取り下げ、野党候補を一本化したが、共産の議席は改選前の21から12にほぼ半減。こうした結果を踏まえ、参院選では改選数1の「1人区」での野党候補一本化で「相互推薦・相互支援」を条件とし、一方的な取り下げには応じない姿勢を鮮明にしている。
 志位和夫委員長は4日の党旗開きで、立憲民主、民進、自由、社民の野党4党に対し、「速やかな政策対話と候補者調整の協議を呼びかける」として1人区の候補一本化を訴えた。全選挙区に候補者を擁立したうえで、1人区では4党との相互推薦・支援を条件に一本化交渉に入る考えだ。
 共産は衆院選での独自候補取り下げについて「安倍政権の暴走を止め、民主主義を取り戻す大局に立った正しい対応だった」(志位氏)と総括している。ただ、議席減の要因として「候補者の取り下げは、候補者のいない選挙区で比例票を伸ばす活動に影響した」(党幹部)と分析している。
 一方、野党第1党の立憲の枝野幸男代表は候補一本化の必要性は認めつつ、「それぞれの党の立場と事情がある」と微妙な距離感を保っている。民進などを支持してきた連合が共産との全面的な共闘に否定的なことも背景にある。
(1月8日、毎日新聞)

NK党は、昨秋の衆院選で議席を半減させてしまったにもかかわらず、党執行部の責任が問われることは無く、「大局に立った正しい対応」と強弁する始末で、党の無謬性を表す独善的体質を露呈して、自浄能力の無さを示している。全体主義国家や政党が必ず失敗する理由はここにある。

さらに言えば、通常国会で立憲民主党は、憲法改正、米軍基地問題、外交・安全保障分野で右旋回して、野党共闘の取り決めを反故にしてしまう可能性が出ている。具体的には、立民が改憲議論に参加したり、沖縄米軍基地問題で他の野党と連携しないケースが考えられる。そうなった場合、NK党は自分の議席を減らして、立民の議席を増やしてやっただけになり、「いい面の皮」になってしまうが、NK党はその無謬性ゆえにそれを否定できない立場にある。
もっとも、自分が聞くところでは、今回の選挙ではNK党内も「野党共闘推進」で大方の合意ができていたそうなので、民進党のように「執行部が勝手に共闘を決めた」というわけではないようだ。
とはいえ、下院選挙で自党候補を下ろすという、議会主義と政党政治を否定する行為を、独善的な大義名分の下で強行してしまったツケを払わされることに変わりは無い。

立憲民主党は、そもそも左翼・リベラル票の受け皿になるつもりはなく、それは枝野代表の「我々は自民党宏池会」という言葉に象徴される。彼らが恐れるのは「左翼・リベラル党」と見られることであって、常に右にウイングを広げることばかり考えている。彼らの目的が政権交代にある以上、避けられない展開だが、それはNK党あるいは野党共闘推進層が求めるものではない。
ところが、立憲民主党から立候補して当選してきた者たちの大半は、「野党共闘のおかげで当選できた」とは考えておらず、福山幹事長からしてNK党の幹部に対して「貴党がもっと候補を取り下げていれば、我々はもっと勝てたはずだ」などと真顔で言ってしまう始末になっている。落選者からも「NK党が立候補を取り下げなかったから負けたんだ」などという声が上がっており、その独善性はNK党とは異なる形で際立っている。

こうした中、通常国会で改憲議論や安全保障問題で立憲民主党は左右から揺さぶれると思われるが、その執行部は民主党・民進党で失敗し、むしろ敗北した者たちが担っているだけに、ガバナンスに成功するイメージは湧いてこない。そうこうしている内に、来年の統一自治体選挙や参院選を迎え、またぞろ8月31日に宿題ができていないで大騒ぎする小学生になりそうだ。

ちなみにケン先生は大昔からNK党との共闘に反対している。
posted by ケン at 13:08| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

パスファインダー・アドベンチャーを初プレイ

正月に「パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還」(完全日本語版、アークライト)を初プレイ。昨年のゲームマーケットで先行販売されたものを入手した。
パスファインダーは、D&D第3.5版をリファインしたシステムらしいのだが、そこはよく知らない。本作は、RPGを土台にしたデッキ構築型のシステムで、RPG調の協力型カードゲームになっている。

プレイヤーは、一人のキャラクターを担当するが、各キャラは自分の装備や呪文のカードでデッキを構築し、同時にカードの枚数が自分の体力にもなっている。つまり、自分のデッキがなくなるときは、キャラの死(瀕死)を意味する。
シナリオ毎に探索するいくつかの地形とボスが指定されており、地形毎にモンスターやアイテムなどの山が組まれ、キャラクターは連携しつつ探索する。だが、ボスがどこにいるかは分からない上に、ランダム配置なので下手すると一枚目でボスとばったり出くわす可能性もある。

P1250764.jpg

問題は、ただボスを倒せば終わりではないところにある。仮に最初のプレイヤーが探索した一枚目がボスで運良く倒せたとしても、他の場所に逃げられてしまうからだ。それを避けるためには、ボスが居る場所以外の地形を探索、「封鎖」して、ボスを追い詰める必要がある。さらに言えば、ボス以外のモンスターも倒せないと山に戻されてリシャッフルになってしまうので、相性の悪い敵が居ると「担当を変わってくれ」などということになる。
だが、各シナリオにはターン制限があり、時間内にボスの逃げ道を塞いで追い詰めた上で倒す必要があり、時間との勝負となるが、これがなかなか絶妙なバランスになっている。

P1250765.jpg

キャラクターは「いかにも」な初期装備しか持っていないが、探索しているうちに良い装備やアイテムをゲットし、デッキに組み込んでいくことになるが、シナリオが終了すると、初期設定の枚数(最初は15枚)に戻さないとならないため、必要度の低いアイテムは捨てることになる。
問題はデッキ型カードゲームで、手札制限があるため、必要な時に必要な装備カードがあるとは限らない点にある。従って、初期手札に武器や防具が無いのに、一枚目で敵とばったり出くわしてしまうこともある。

ただ基本セットには、初期シナリオ3本に追加シナリオ3本の計6本しかなく、1シナリオは60分程度で終わる上、キャラクターも6人だけなので、継続的に遊ぶためには、追加セットの発売が待たれる。この継続的に買わないと続きがプレイできない辺り、カードゲームのずるいところではある。

この日はまずT後輩と2人で3シナリオを一回ずつプレイして全敗。やはり2人だと相性の悪い敵がいたり、罠があったりして苦しい感じ。午後遅くからO先輩が合流して3人で2シナリオをプレイしたが、こちらはクリアできた。
デッキ型カードゲームなならではの好みはあろうが、バランスは良好、デザインも美しく、早く続きがプレイしたい。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする