2018年01月19日

黄檗宗大本山萬福寺

今回の京都旅行でもう一つ印象深かったのは、三大禅宗の一つ黄檗宗の大本山である宇治の萬福寺。カンフー映画に出てきそうな、いかにも中国風のお寺。聞くところでは、寺僧の話し方から作法まで明朝期のスタイルが継承されているというから、意識的に中国流を貫いているのだろう。

P1250776.JPG

徳川家綱の時代に明の隠元僧正を招聘して創建された。本来は要請を受けて弟子が渡航するはずだったが、船が難破し不明になり、弟子の遺志を遂げるために本人が来日、三年で帰る予定が将軍家からも懇請され、寺を建て日本に骨を埋める覚悟をされたという。この点からも、いわゆる「鎖国」という歴史用語の適切性が問われよう。
寺名は中国の本坊をそのまま継承しており、中国福建省にも同名の寺がある。

P1250781.jpg

庭や建物が中国風なので、ちょっとしたテーマパークな感じもするが、それ以上に驚かされるのは山門の正面にある本堂(天王殿)に安置されている本尊。キンキラキンの布袋様が恐ろしくニッコリして鎮座ましているのだが、何でも弥勒菩薩の現世における姿形だという。いかにも「良く来たな、まぁ座れや」という感じで「オレ、ホントはミロクなんだけど」と言われても、どうにも違和感しか覚えない。しかも、その背後を守っているのは韋駄天様で、陸上関係者が続々と祈願に来るらしい。禅宗なのに、妙に生々しい気がするのだが、そこも中国流なのかもしれない。

なお、隠元和尚は、インゲン豆、スイカ、レンコン、孟宗竹、巻繊汁などを日本にもたらし、江戸期の食革命の起源にもなった。
posted by ケン at 11:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする