2018年01月20日

ウナギはいよいよ絶滅か

【ウナギ稚魚、極度の不漁=過去最低更新の恐れ】
 絶滅の恐れがあるニホンウナギの稚魚シラスウナギが極度の不漁となっている。 水産庁によると、昨年12月の国内漁獲量は約0.2トンで、前年同月実績を大幅に下回ったようだ。今後も不漁が続けば、2018年漁期(17年12月〜18年4月)は過去最低の5.2トンだった13年漁期を下回る恐れがあり、養殖業者らは危機感を強めている。国内のシラスウナギ漁は鹿児島、宮崎、静岡など24都府県で行われている。鹿児島では18年漁が解禁された昨年12月10日以降の15日間で0.5キロと前年同期の1%程度しか取れず、「1月に入ってもかなり少ない状況」(県資源管理課)という。 
(1月17日、時事通信)

この記事からして突っ込みどころ満載。
「絶滅の恐れ」のあるウナギが「極度の不漁」とか、そもそも何言っちゃってるの?
これまでも散々絶滅する恐れが指摘されてきたにもかかわらず、漁獲制限を設けてこなかった結果であり、絶滅の危機に瀕してからもなお採り続けたのだから、当然の帰結では無いか。
一々コメントする気も失せるが、「バカに付ける薬は無い」とはまさにこのことだろう。やはり一回滅びないとダメなのかもしれない。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする