2018年06月07日

もはや中国に太刀打ちできない日本

中国の就労ビザを申請する関係で、あちらの大学側に採用証明書をPDFで送るように求めたところ、その日の午後には英文かつ学部長印の入った書類が送られてきて、「中国やべぇ!」と思ったのが少し前のこと。

その後、手続きを進める上で、学位記の原本を提出してしまうと問題があることが分かり、母校で大学院の修了・学位取得証明書(英文)をとることになり、直接訪問して申請したところ、発行は営業日で7日、実質12日後ということが判明し、呆然となった。
母校では、さんざんグローバリゼーションがどうの、英語の国際化がどうのと言われたものだったが、実のところ母校が最もグローバリゼーションから取り残されていたことが分かったからだ。グローバリゼーションの特長の一つは、「より早く、より遠くに」「徒歩から鉄道、鉄道から飛行機、飛行機からインターネット」であり、それに合わせたスピードが求められる。戦前の軍人が総力戦と騒ぎ立てながら、総力戦の本質を殆ど理解していなかったことに近いだろう。
余りの恥辱に、半日で英文の採用証明を送ってきてくれた中国の大学の学事課長に報告する言葉が見つからなかった。

中国で半日で済ませられる作業が、日本では12日もかかるということは、単純計算で中国が日本の24倍の作業量をこなせることを意味している。母校でも、学生や卒業生の情報はとうに全てデジタル化しているはずであり、本来であれば、書類自体はその場で打ち出せるはずだ。仮に管理者の決済印が必要だとしても、翌日くらいには準備できるだろう。実際、戸籍や住民票などは、申請した場ですぐに受け取れるようになっている。大学の証明書が1週間も2週間もかかることに合理的な説明は付けられないだろう。

研究者の待遇や論文数でも、日本はすでに中韓に太刀打ちできなくなりつつあるが、事務作業に至っては1世紀分くらい後進国になってしまっていることが分かる。恐らくは、10年前でも20年前でも同じだけの時間が掛かったものと考えられるが、それは日本の組織がおよそ自己改革能力に欠けていることを意味している。

この一点だけ見ても、日本に期待できるものは何もないことを、改めて認識した次第。

【6月8日、追記】
中国で教えたことのある先生によれば、「貴君は単に学部長案件のVIP待遇で手続きが早くなっているだけでは?」とのこと。日本側の手続きの遅さは話にならないが、中国側の事情はそうかもしれないので、一旦保留します。ただ、自分が卒業した私立の学部を確認したところ、和文でも英文でも「木曜に申請して翌月曜発行」とのこと。中三日からせいぜい五日くらいまでなら自分も許容できたと思うのだが。これだから国立、公立はダメだという話になるのだが、当人たちには全く自覚無いようだ。
posted by ケン at 12:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする