2018年06月13日

大学タダにしてやるから天下りさせろ?

【高等教育の無償化 学生が通う大学などに“条件” 政府が方針】
 低所得世帯を対象とする高等教育の無償化をめぐり、政府は、学生の通う大学などで、卒業に必要な単位の1割以上の授業を実務経験のある教員が担当していることなどを支援の要件とする方針を固めました。
高等教育の無償化をめぐり、政府は、年収380万円未満の世帯を対象に、所得に応じて段階的に大学などの授業料を減免するほか、生活費についても返済のいらない給付型奨学金を支払うなどの支援を行う方針です。
これに関連して政府は、納税者の理解を得るためにも、学生の通う大学などの要件を定める必要があるとして、検討を進めた結果、卒業に必要な単位の1割以上の授業を実務経験のある教員が担当していることや、理事に産業界など外部の人材を複数任命していることなどを支援の要件とする方針を固めました。
 また学生についても、成績の状況などを毎年確認し、1年間に必要な単位の6割以下しか取得していないときや、成績が下位4分の1に属するときは、大学などから警告を行い、連続して警告を受けた学生への支援は打ち切るとしています。政府は、こうした方針をことしの「骨太の方針」に盛り込むことにしています。
(5月31日、NHK)

> 単位の1割以上の授業を実務経験のある教員が担当していることや、理事に産業界など外部の人材を複数任命していることなどを支援の要件

お役人さんが天下り先を確保する天才であることは認めるので、議員と官僚の1割以上を年収380万円以下のポスドクに充てて、政官と知性のバランスを取りましょう(爆)

全く意味不明すぎる。
貧困層の大学進学を公的に支援するのは、階層の固定化を防ぐと同時に、人材を広く集めて競争させることで、人的資源の劣化を防ぐ目的がある。ひいては、社会的不満の抑制にもつながる。
世帯年収380万円というのは、いわゆる貧困ラインで、児童二人がいる世帯で全体の約18%になると見られる。つまり、貧困ライン以下の生活をしている家庭の子弟が大学に進学するために付与する奨学金制度を導入するのが、今回の「無償化」の目的である。
にもかかわらず、その奨学金を導入する条件として、「実務経験のある教員」や「外部人材の理事」を要求するのは筋違いも甚だしい。少なくとも、一部無償化は無条件で導入し、その上で高等教育改革の一環として制度要求すべきだ。

しかし、こうした制度要求を政府・文科省が行うのは、大学自治への介入であり、日本国憲法第23条の「学問の自由は、これを保障する」の侵害に相当する。
憲法23条が謳う「学問の自由」の英訳は「Academic freedom」であり、「何者からも拘束されない大学・研究(者)の自由」を意味する。この「学問の自由」を制度的に担保するものの一つが「大学の自治」であるため、憲法上に明記されていないとはいえ、大学の自由は学問の自由と同一線上に存在する。
実は、国際的に見た場合、憲法で学問の自由を保障している国は非常に珍しい。それは少なくとも自由主義諸国では「当たり前すぎる」ことで明記するのも憚られるためであり、わざわざ新憲法に明記したのは、日本においてはリアルに考えられる「危険性」だったからだ。
2年前に当時の下村文科大臣が国立大学における国歌斉唱を「要請」したことで、新憲法の起草者たちが抱いた危惧は現実のものとなったわけだが、いよいよ際限がなくなりつつある。

「実務経験のある教員」は一概には否定できない。かくいう自分も「日本の国会と政党に勤務した経験」を買われて中国の大学から招聘された。だが、実務経験はあくまでも実務経験であり、教育者や研究者としての能力を担保するものではない。ケン先生も何人か国会議員が大学教授に「天下り」したケースを知っているが、アカデミズムの水準を満たしていそうなのは、財務官僚上がりの人と京大の大学院を出ている人(確か修士)くらいなもので、残るは話を聞くに、およそ大学の授業として成り立っていない(詳しく書くとネタがばれる)。
博士号(PhD)があるにこしたことはないが、少なくとも研究論文に相当する水準のものを書けない人間に、大学生を指導する資格は無いことは間違いない。

「外部人材の理事」に至っては、鼻で笑うしか無い。同じ理由から導入された大阪市の民間校長制度が悲惨な結果に終わっていることは、もっと報道されてしかるべきだ。大学の場合は、単に文科役人や関連企業の天下り先に成り下がっている。仮に民間企業の経営者だとしても、大学運営・経営は素人のはずであり、「麻雀が上手いのだから、囲碁も強いだろう」みたいな話になっている。当然、それが通用しないから、全く効果を発揮していないとみるべきだ。仮に、民間理事・天下り理事が効果あるのであれば、日大のランキングは今頃東大を上回っているはずだ。

日本の高等教育は今後さらに質を下げてゆくだろう。
posted by ケン at 12:31| Comment(2) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする