2018年06月25日

ゲッベルスと私

gebberusu.jpg
『ゲッベルスと私』 クリスチャン・コロネルほか オーストリア(2016)



ナチス・ドイツの宣伝相だったゲッベルスの秘書ポムゼル女史が、103歳にして69年間の沈黙を破り、ひたすらしゃべるまくるドミュメンタリー。インタビューは総計30時間に及び、記録映像を交えながら約2時間に編集しているが、実質的には彼女が2時間近く延々と回顧するだけの映画なので、映画館では爆睡者が続出、私も一度寝かけたほどだった。

取材が行われたのは2014年で、当時103歳ということは1911年生まれで、実際彼女の記憶は一次大戦が勃発して父親が出征するところから始まる。先頃94歳で亡くなられたK顧問も、ご父君がシベリア出兵に出征されて国家主義から社会主義に目覚めた経緯を話されていたが、まさに想像を超える歴史そのものである。

彼女自身はありふれた中流の家庭のベルリン市民で、より良い仕事を求めてナチ党に入党し、1933年に放送局に就職、仕事ぶりが認められて、1942年に宣伝省に入り、大臣官房の秘書となっている。放送局に入る前は、ユダヤ人の法律・保険事務所で事務員を務めており、純粋に「より良い仕事」を求めただけの話だったという。
大量虐殺などナチスによる蛮行については、一切関与を否定、強制収容所の存在は知っていたとしつつも、「自分は何も知らなかった」と繰り返す。

顔こそ皺だらけで年相応なのだが、その記憶力と話し口はおよそ100歳超のものではなく、80歳超の者でさえ、あそこまで蕩々と話せるものは少ないのでは無かろうか。この点は超人的と言える。その記憶も非常に精密で、覚えていないところはハッキリ言い、よどむところが殆ど無い。感情を露わにするところも非常に少なく、むしろ空恐ろしいほどに淡々と述べているのが印象的だ。
作り手は殆ど操作せずに生のインタビューを流しているだけに、批判的、懐疑的に読み取るのが難しく、聞き手のリテラシーが問われるドキュメンタリーになっている。

私なども若い頃には「十五年戦争に際して、なぜもっと戦争に反対しなかったのか」と考えていたクチであったが、今日のデモクラシーの危機やポピュリズムあるいはナショナリズムの高揚に際して、積極的に抵抗しているとは言えず、むしろ本格的な危機に陥る前に亡命を選択している。自分が採れる選択肢が、「身一つで逃げる」しか無い、あるいは比較的容易に採れるものだからだ。実際に、全体主義政権や軍部独裁が成立してから抵抗あるいは逃亡するのは命がけになってしまい、英雄願望を排除した場合、現実的な選択肢とは言えないだろう。

リベラル系の知識人は「市民の無関心がファシズムを生んだのであって、市民一人一人が批判精神をもって為政者を監視、対峙しなければならない」などと軽く言うが、理想論としては正しくても、その認識は現実的なのだろうか。
全体主義学徒であるケン先生的には、「市民が主体的に日常課題の暴力的解決を望んだ」とするE・トッド先生の解釈を支持するものである。そうでなければ、日本の日比谷焼き討ち事件も南京陥落時の熱狂も説明が付かない。ファッショに至らずとも、日清・日露戦争における開戦要求は、むしろ市民レベルの方が高揚していた。

ポムゼル女史は前後、5年間ソ連に拘留された後、釈放、東ドイツにて放送局に再就職し、人生を全うしている。
「女史が何を語ったか」以上に、受け手が考えさせられる好ドキュメンタリーである。ただし、居眠り注意だが。
posted by ケン at 12:53| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする