2018年07月02日

帝室が元愛人を国外追放に?

【小室圭さん、3年の予定で米国へ 眞子さまと結婚延期中】
 結婚が延期されている秋篠宮家の長女眞子さま(26)の相手の小室圭さん(26)が、米国で弁護士資格を取得するため、8月ごろから3年間の予定で渡米することが28日、関係者への取材でわかった。
お二人は昨年9月に婚約が内定したが、「充分な準備を行う時間的余裕がない」として今年2月、結婚とそれに関わる諸行事を「再来年(2020年)に延期」すると発表していた。その後、具体的な予定は明らかにされていない。
 関係者によると、小室さんは今年春、勤務先の法律事務所に渡米の希望を申し出た。すでに米国での通学先は決まっており、現在の事務所に籍を残し、21年に帰国後、再び勤務する予定という。
(6月28日、朝日新聞)

エカテリーナ2世が、用済みになった元愛人を外国大使として飛ばしちゃうアレ。
愛人側が「自主的渡航」を申し出ている辺り、戦時期の特攻と同じ、「あれは命令じゃなくて、彼らが自発的に尊い意の命を帝室に差し出したのである」という論理と恐ろしく酷似している。写真で見る限り、小室氏の笑顔が痛々しく、まさに「謂われの無い罪で告発されながらも、独裁者を賛美する市民」のそれであり、ファシズムそのものであることが分かる。

天皇制の邪悪な無責任体質がよく分かる。これに比べれば、同じ外国に愛人を飛ばすのでも、エカテリーナ2世は、国家の正式な業務命令として大使等に任じ、十分以上の待遇を保証していた。日本の帝室も、せめて渡航費と滞在費くらいは宮廷機密費から支出するのが「人情」というものだが、政府的には「生命と自由があるだけマシ」ということなのだろう。アメリカで「事故死」しないことを祈るばかりである。
posted by ケン at 13:26| Comment(4) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする