2018年07月15日

Kingdom Come: Deliverance

マウント&ブレードの系譜を引く、中世ヨーロッパを舞台にしたアクションRPG。以前より後継作品が望まれていたが、何度も挫折したようだ。本作は、チェコの会社が40億円近い開発費を投じて制作した新作だが、いかんせん無名の会社で資金を集めるのも、販路を確保するのもクラウディング・ファンドを利用したというから、この点でも新しい時代のゲームと言える。

ImgW.jpg

15世紀の神聖ローマ帝国下のボヘミアを舞台に、自由度の高いオープンワールドで中世の生活を楽しむ(?)ゲーム。メインとなるクエストはあるのだが、必ずしも本ストーリーにこだわる必要は無く、いろいろな楽しみ方がある。
ストーリー通りに騎士を目指しても良いし、狩人や商人として生きて行くこともできるし、野盗になって暴れ回ることも可能だ。サブクエストも豊富だし、何をやっても経験値がたまるので、まさに自由度全開。



ただ、恐ろしくリアルに作り込んであるので、何をやるのもハードルが高い。主人公は、領主御用達鍛冶屋のボンボン息子という設定の上、何の技能も無い若造で、アクション操作に慣れるまでは、本当に「俺に何をしろと?」というレベル。武器を振るう速度は恐ろしく緩慢で、主人公が一回剣を振るう間に、下手すると三回くらい攻撃されそうな勢いだ。ケン先生は、ヨーロッパでリアルなロングソードを持ったことがあるが、余りの重さに「これはムリ!」と思ったものだ。弓矢なんて、一歩踏み込めば近接武器が届きそうな距離でしか当たらないし、泣けてきそうな距離しか飛ばない(筋力が無いから)。

なので、二人の敵を相手にするなどもっての他であり、徘徊している弱そうな(武装の貧弱な)野盗や山賊を狙って奇襲攻撃してすぐ逃げることで経験値を貯めるような話になっている。一体どっちがバンデットなんだか。クマン兵(モンゴル系?)と出くわしたら、即リセットというのも笑える。
弓矢は狩をやってレベルを上げる必要があるのだが、動いている動物にはラッキーでしか当たらない。こっそり近づくか、待ち伏せして射撃するしかないのだが、飛距離が短いので最初は本当に辛い。ウサギは的が小さすぎて当たらない上に、当たっても目標がどこに倒れているか探すのに一苦労する有様。マジで猟犬が欲しい。

56613.jpg

戦えば、武器も防具もダメージが入って修復代がかかるし、下手すれば自分が怪我をしてしまう。狩でも矢を浪費するので、黒字になるとは限らない。しかも、倒した山賊や動物から取った「獲物」は、下手すると盗品扱いになるので、「捌く」のにも一苦労させられる。
戦闘や狩りから帰ってくると、全身血だらけなので、風呂に入らないと、好感度が下がりまくる問題もある。

これだけ読むと、「何が面白いんだ?」と思われそうだが、中世中欧の再現度が半端なく、まさしくヴァーチャル体験できる醍醐味があり、それは他の何でも味わえない喜びである。
ただ、いかんせん日本語版がなく、英語版だけで、自分は英語が聞き取れないのでロシア語字幕にしたら、ますます分からなくなってしまったので、必死に英語字幕を読んでいる。長年のTRPG歴で単語だけは理解できるからだ。
惜しむらくは、ゲームが余りにも重すぎて、よほど高スペックのPCで無い限り、かなり動作や読み込みに時間がかかってしまう。そのため、自分はPS4でプレイしているのだが、PC版には様々なMODがあるので、羨ましくも思う。

最初のクエストは、「いけ好かないドイツ商人の家にウ○コを投げつける」だし、チュートリアルでは先生に「Money first, Morals later」と教え込まれるなど、邦ゲーではあり得ない要素満載で、はまる人間ははまりまくりだろう。全世界で100万本販売したとも聞くが、日本のゲーム業界は本当にガラパゴス化していると思う。
posted by ケン at 00:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする