2018年08月20日

パラドックス定数「5 seconds」

pdx-41-5seconds-a.png

東京裁判、226事件、731部隊、グリコ森永事件など昭和史の闇を舞台化し続けている野木萌葱氏が主宰する劇団パラドックス定数の公演。
渡航前最後の観劇となる。

「機長やめてください!」「逆噴射」で知られる羽田沖日航機350便墜落事故がテーマ。
精神疾患の疑いで病院(史実では松沢病院)に収容された機長と接見する弁護士の二人が、4幕(暗転するだけ)100分間、延々と会話するだけの舞台。音楽すら無い。演劇初心者にはかなりハードルが高そうだが、十分に見応えあった。

滑走路まで500メートルのところで逆噴射を行って、機体を垂直に墜落させた機長は業務上過失致死罪等で起訴される。
刑法39条を駆使して無罪を勝ち取ろうとする弁護士が、統合失調症の疑いがある機長から有用な情報を得ようと悪戦苦闘するが、どこまでも話がかみ合わない。

2人の会話だけで100分間もたせなければならず、コメディー要素もないだけに、純粋に脚本と役者の演技力が問われる。
面白くしようとすれば、「スターリンの葬送行進曲」のようにコメディ化すれば良いのだろうが、奇をてらうこと無く真正面から取り組む野木の真骨頂と言える。

気づいてみれば36年前のことで、演じている二人も事件を知らなかったという。
爺になるわけですな。

posted by ケン at 09:30| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする