2018年09月29日

まず一ヶ月終了

授業時間としては3週間だが、来週は国慶節休暇なので、実質一ヶ月が終了したことになる。
やはり慣れないことだらけなので、いかに便利な都会でも、ここで一休み入るのは嬉しいところだ。
だが、なぜか今日と明日(土日)は、来週分の補講があり、木金分の授業をもう一度やるという話になった。
つまり、今週は木曜と土曜に木曜のカリキュラムをやったわけだが、結果昨日は、30人分の作文の宿題と40人分の課題(小作文)を一日で添削して、かつ授業準備をすることになった。
この70人分の添削だけで夕方までかかってしまい、なかなかにしんどい状況だった。
学習者の作文添削は、何時間もやっていると感覚が鈍ってきて、段々正しく添削できているか自信がなくなってくる。精神科医が連続して診察できないのと似たような構造かもしれない。

ロシアにいた時は一クラス10人程度だったので苦にもならなかったが、30人もいると「まだ半分かよ」と思ってしまう。
いずれこの手の添削はAIで自動訂正することになるのかと思うが、それは同時にスマホで自動的に作文ができることを意味するので、ますます外国語学習の意義が問われることになりそうだ。

何とか授業もペースに乗ってきたが、10月からは大学院の授業が始まり一コマ増える上に、いくつか講演(日本語)も依頼されているので、さらに時間管理が難しくなる。
国慶節期間中は、どこも大混雑なので、基本は家でのんびりしながら、10月からの本番に備えたいと思う。
少しは日本のネタも考えたいし。
posted by ケン at 18:53| Comment(4) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする