2018年10月04日

南翔古鎮で小籠包

WeChat Image_20181004161413.jpg

上海は新しい町だが、郊外にある「南翔」は、その歴史を宋代まで遡ることができるという。
「小籠包発祥の地」としても知られるが、こちらは清代末のことらしい。
地下鉄で中心部から30分、バスに乗り換えて10分ほどで着く。
ちなみに地下鉄は3〜7元(30~120円)、バスは1〜2元(18~35円)だが、中国国内では高い方らしい。
しかし、他の物価が高いだけに、公共料金が安いのはありがたい。

「水郷」と呼ばれる水路で囲まれた区画だが、歩くだけなら1時間もかからない。
古猗園という庭園と南翔寺という寺があり、これらを含めて観光名所となっている。
どうも自分は中国庭園の良さが今ひとつ理解できないのだが。

WeChat Image_20181004161510.jpg

街路は狭く、休み中なので人出で賑わっており、人をかき分けて通るような有様。
小さな店が建ち並ぶが、これは日本の門前町のイメージなのだろうか。
昼前に行ったが、食べ物屋はどこも満杯だし、一人で入るのも何なので、店頭で売っている小籠包を買って、外のベンチに座って食べる。確かに旨い。ここで小籠包を出す場合は、厳密に行程が定められているらしいので、あまり外れは無いと言うが。。。

WeChat Image_20181004161544.jpg

中国のお寺はどこもキンキラキン。まぁ日本の寺も昔はこうだったはずなのだが。
庭に池があり、鯉と亀がいるのは日本と同じなので、ちょっと安心できる空間でもある。




posted by ケン at 17:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする