2018年10月05日

社会主義中国の乞食

一ヶ月中国に住んでみて、驚いたことの一つに「乞食がいる、そして認められている」ことがある。
これまで見た限り、フランスなど欧州に比して数として多くはないが、地下鉄の通路や公園でそれなりの頻度で見かける。今のところ高齢者しか見ていない。

ケン先生がこれまで居住したことのある国で言えば、フランスが最も多く、20代の乞食も少なからず見かけた。この点だけでも色々な意味で「いかがわしい」という印象を抱いている。次のロシアで、これもそれなりに多い。現在は社会保障制度が再整備されつつあるので、また少し違うかもしれない。

しかし、中国は現在も社会主義の旗を掲げており、街中いたるところでそのスローガンを見かけるが、同時に乞食が徘徊している図は何ともシュールである。1990年代初頭に中国に留学していた同志によれば、「昔からいた」とのこと。
かつて、社会主義ポーランドで教えたことのある先生が、「地主と小作人が居ることに非常に驚かされた」と話しておられたが、同じ気分である。
この点、ソ連が凄まじかったのは、街中で物乞い行為をしている者が発見された場合、片端からしょっ引いていたことだった。基本的には、収容所に送るとかではなく、事情を聞き、相応の措置をとっていたようだが、その手法がいかにもロシアだった。
ソ連と比べると、中国はどこまでも「緩」く見えるのは、自分がソ連学徒だからかもしれない。

もっとも、中国の場合、ネット情報では「プロ乞食」もいるらしいから、色々カオスなのだ。そして、私がソ連時代のことを話すと、「いま中国でそんなことをすれば、人権問題になります」との答えが返ってくるのだから、ソ連学徒的にはますます面白くなってしまう。
posted by ケン at 11:39| Comment(3) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする