2018年10月06日

数を揃えるためになりふり構わない立民

【立憲民主党、参院選比例に漫才師のおしどりマコ氏ら】
 立憲民主党は29日の持ち回り常任幹事会で、来年夏の参院選比例代表に現職の川田龍平氏(42)と、漫才師のおしどりマコ氏(43)ら新人2人を擁立すると決定した。埼玉選挙区(改選数4)に新人でさいたま市議の熊谷裕人氏(56)を立てることも決めた。


ネット上では、非常に評判の悪い候補擁立。
恐らくは、脱原発運動の流れで菅元総理が引っ張ってきたものと推察される。
自分は全く知らない一なので少し調べてみたが、運動家のようだが、「トンデモ」発言で賑わせている模様。
芸能人の出馬自体は否定しないが、自分も15年ほど国会の現場を見てきて、芸能界出身者で議員がまともに務まっているケースは非常に少ない。自分の秘書からしてマネージャーと勘違いしているケースが大半だ。

背景には「来夏の参院比例に20人擁立する」「候補の4割を女性にする」目標をぶち上げてしまったことがあるようだ。
参院比例の候補者は、全国を回って10万票以上取ることが期待されるわけだが、そんな者は大組織を後ろ盾に持つものか、芸能人くらいしかいない。大組織は、業界団体、労働組合、宗教団体がメインとなるが、利権屋の巣窟である。労働組合も、特に民間労組は業界団体と変わらないくらい利権屋になっている。自動車、電気、電機、繊維はその典型だろう。
立民の場合、連合のうち官公労の多い総評系がメインであるため、組合の候補者はせいぜい5〜6人程度でしかなく、圧倒的に数が足りない。同時に「労組ばかりにしたくない」という思いも強い。
だが、立民を支持する業界団体はないため、無名のNPOなどから擁立するか、やはり芸能人しかいなくなる。小さいNPOから候補者を出しても、党員や組織がないため、選挙の担い手がいないからだ。

大きな流れとしては、民主党の時と同じで、上手く行く要素は何もない。
確かに全国比例制度の問題ではあるのだが、「まともな候補者を出せない」という時点で、かなり先が見えてしまっている。
posted by ケン at 12:02| Comment(3) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする