2018年10月07日

上海博物館

上海での楽しみの一つだった上海博物館に(ようやく)行く。
連休中は大混雑が予想されたので、あまり並ぶようであれば諦めるくらいの気持ちで行ってみた。
朝一で行ったもののやはり行列してる。掲示には「三時間待ち」という恐ろしい数字が書いてあったものの、列の長さはどう見てもそこまでのものではなく、40〜50分くらいかと当たりをつけて並ぶことに。
案の定、50分程度で入れたので、秘書の目はまだ衰えていないようだ(笑)

WeChat Image_20181007130148.jpg

ここは中国における歴史的な文物、工芸美術品を収集、展示している。北京の故宮、南京博物館と並んで三大博物館とされている。
博物館は延べ面積で約4万平方メートルあり、まともに見ようとすれば丸一日はかかってしまう。
今回はけっこうサラリと見て回ったが、それでも途中で集中力が途切れ、午後には退却した。

WeChat Image_20181007130144.jpg

自分の目的は、やはり中国なので貨幣と書と印である。
四階の貨幣室はそれだけで一つの博物館ができそうなレベル。なんと言っても4千年分の貨幣があるのだから当然だろう。刀銭に始まり、春秋戦国時代を経て、唐銭、宋銭、明銭などを経て、近年では軍閥の紙幣も展示されている。自分はマニアでは無いが、歴史好きとしてもなかなか感動もの。これだけでも見に行く価値がある。

WeChat Image_20181007130134.jpg
戦国期の日本でも流通していた明銭の数々

印もなかなか楽しめたが、書はイマイチだった。時代別に並んではいるものの、分量的にも展示物の選択の点でも、何かが足りない感じ。上手く説明できないのだが、何かもっと上手く展示できそうな気がする。
展示や博物学の点では、まだ日本が優位に立てているのかもしれない。

「さすが社会主義中国」なのは、入場無料という点。ただ手荷物検査があるので、それが実質的な入場制限になっているのと、館内8千人で制限がかかるため、日本の休日の国立美術館のような大混雑にはならないのが嬉しい。
ただ館内の広さの割に休憩できるところが少ないため、常にベンチが満席みたいになっている。
今回きちんと見たのは半分強だったので、いずれまた再訪したい。
posted by ケン at 14:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする