2018年10月11日

またぞろロシア関連で不正報道

【プーチン大統領、支持率39%に急落 14年以降で最低、年金改革に不満】
 ロシアの独立系調査機関レバダ・センター(Levada Centre)が8日公表した最新の世論調査によると、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に対する一般国民の支持率が39%まで落ち込んだ。国民の間ではプーチン政権が断行した年金改革への不満が広がっており、ウクライナ南部クリミア(Crimea)半島併合で支持率が急伸した2014年以降で最低となった。
 調査は9月20〜26日に実施。プーチン氏の支持率は今年6月以降に9ポイント落ち、2017年11月に比べると20ポイントも下落している。プーチン氏を信頼しないと答えた国民も13%に上った。プーチン氏は先週、年金の支給開始年齢を男性は65歳、女性は60歳に段階的に引き上げる法案に署名した。ロシアで年金支給開始年齢の引き上げは、旧ソ連時代の1930年代にさかのぼる現在の年金制度史上で初めて。大半のロシア国民は年金改革に強く反対しており、路上での抗議行動も起きている。
(10月9日、AFP)

AFPも相当にひどい報道している。
確かにレヴァダセンターは同様の世論調査を行ったが、それは「プーチンを支持するか」ではなく、「政治家として信用できるのは誰か(複数回答可)」だった。ロシア語だけだが、そのまま結果を転載する。

ноя.17 июн.18 сен.18
Путин В. 59 48 39
Жириновский В. 14 14 15
Шойгу С. 23 19 15
Лавров С. 19 14 10
Медведев Д. 11 9 10
Зюганов Г. 10 7 8
Грудинин П. – 7 4
Собянин С. 3 4 4
Навальный А. 2 2 3
Миронов С. 4 2 2
Не интересуюсь политикой 1 1 1
Нет таких 14 21 18
Затрудняюсь ответить / не знаю / нет ответа 11 12 18

確かにプーチン氏は急落していると言えるが、他の主要政治家も支持を下げており、「信用できるものはいない」「無回答」が増えただけのことだ。ジリノフスキーの支持15%は微妙すぎるが。
「プーチン氏を信頼しない」云々についは、以下の通り。

ноя.17 июн.18 сен.18
Медведев Д. 19 30 31
Жириновский В. 18 18 20
Путин В. 7 11 13
Зюганов Г. 11 8 11
Явлинский Г. 11 9 4
Собчак К. 14 15 4
Навальный А. 10 6 3
Миронов С. 4 2 3
Набиуллина Э. 1 1 2
Кудрин А. 3 3 2
Матвиенко В. 2 3 2
Голикова Т. <1 2 2
Чубайс А. 2 3 2
Силуанов А. 1 – 2
Всем не доверяю 7 7 8
Не интересуюсь политикой 1 1 2
Нет таких 3 7 5
Затрудняюсь ответить / не знаю / нет ответа 32 23 28

メドヴェージェフとジリノフスキーが「最も信用できない政治家」であって、二人に比べれば、プーチン氏は現職大統領としては相当に信用されている方だろう。

では肝心の「プーチン大統領を支持するか」といえば、同社の9月の調査で支持67%、不支持33%と出ている。無回答などを含めないので、非常に明確と言える。これも昨年12月の支持82%に比べれば、かなり低下しているといえるものの、年金受給開始年齢を引き上げて支持率を下げない政治家などいるはずがない。逆に、ロシアの政治が正常に機能していることの現れとすら言える。

どうやらマスコミのマスゴミ化は日本だけの話ではないらしい。
posted by ケン at 12:00| Comment(7) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする