2018年10月26日

150年前を見て政治する日本の権力者

【政府が明治維新150年を祝う式典 天皇陛下は出席せず】
 明治維新150年を祝う政府の記念式典が23日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。10月23日は元号が慶応から明治に改められた日にあたり、与野党の国会議員や各界の代表者ら約350人が出席した。
 安倍晋三首相は式辞で「明治の人々が勇気と英断、たゆまぬ努力、奮闘によって、世界に向けて大きく胸を開き、新しい時代の扉を開けた」と強調。そのうえで「若い世代の方々にはこの機会に、我が国の近代化に向けて生じた出来事に触れ、光と影、様々な側面を貴重な経験として学びとって欲しい」と述べた。
 佐藤栄作内閣のもとで開かれた明治100年式典の際は、昭和天皇と香淳皇后が出席したが、今回天皇、皇后両陛下は出席しなかった。宮内庁は「政府からお声がけがなかった」(西村泰彦次長)としている。共産党は「明治150年の前半は侵略戦争と植民地支配に向かった負の歴史。丸ごと祝い、肯定するような行事には参加できない」(小池晃書記局長)として欠席した。
(10月23日、朝日新聞)


欠席したのはNK党と社民党、それに「招待されていない」今上帝ということらしい。
つまり、その他の連中は明治帝政の礼賛者ということであり、現行の昭和帝政が明治帝政の後継であることを認め、反省も総括もないまま、明治期に郷愁を覚える連中であることを示している。こんな連中が政治をやっているのだから、自民だろうが立憲だろうが、「同じ穴のムジナ」だということである。

重要なのは、明治帝政がなぜ国内で秘密警察を使った政治弾圧を行いつつ、全世界に数千万人以上の犠牲者を出すような侵略と戦争を行い、かつ300万人以上の自国民を死に追いやって、国土を荒廃させたのか、そして日本の近代化の手法の是非を問うことである。
にもかかわらず、この連中は「明治帝政が日本をアジアに先駆けて近代化させた」と称賛するばかり。これでは、悪しき伝統と体制を残すばかりであり、何一つとして前向き・未来志向の議論がない。
やはり明治帝政に郷愁を覚えるような昭和帝政は全否定する他ないのかもしれない。

興味深いのは、政府が今上帝に出席を求めなかったことである。いくつかの解釈が考えられるが、「出席を求めて断られたら、祝典の権威が落ちる」「リベラルな平成帝はすでに用済みであり出席無用」あたりの可能性が高そうだ。恐らくは内々に出席の可否を伺ったところ、色よい返事がもらえなかったので、正式な要請を出さなかったのだろう。
この辺りも、いかにも安倍政権が「玉(ギョク)の替えなどどうにでもなる」と豪語した勤王志士の末裔であることを想像させるに難くない。

「夢は寝てから見ろ」と言いたいところだが、もはや過去の栄光にすがることしかできなくなっていることの証左と思えば、哀れな連中でもある。

【追記】
中国のエリート間には意外と「明治維新は日本の近代化の象徴ではないか、なぜ批判するのかわからない」という声があり、興味深い。いかに反日教育を受けても、そこはエリートらしい「良い子ちゃん」が多いようで、「侵略戦争を行ったのは昭和の軍人で、明治維新とは無関係」くらいに考えているフシがある。いわゆる司馬史観もこれと同じだが、近年の歴史研究はこれをほぼ全否定、遅くとも日清戦争期には拡張主義、植民地支配の明確な侵略意図を有していたことが判明している。本ブログでは何度も述べているが、アジア太平洋戦争・十五年戦争は決して「軍閥が勝手に始めた戦争」などではあり得ないし、日露戦争も「自国を守るためにやむを得ず立ち上がった戦争」などではないのである。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする