2018年12月31日

2018年を終えて

2018年は永田町を去り、大陸に渡って、三カ国目(日露中)の公務員になるという珍業を成し遂げました。
後半は新たな生活と新たな職場、10年ぶりの教壇に多忙を極め、ブログの更新も半分近くに落ちましたが、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
永田町や霞が関のようなところにいると、いつしか内輪の論理や組織防衛に思考ががんじがらめにされてゆくので、「リベラル・デモクラシー以後」を見据える上でも、良い決断だったと自負しています。まぁこのまま引退して、老後のゲームライフでもいいんですけどね。

他方、中国は急速発展して、いまは日本の1980年代後半か90年代初めくらいのイメージでしょうか。
イケイケドンドンであるが故に、足下に大穴があいていることに気づかないというか、「だから何?」と思っているのか、そんな感じで、みな楽しそうではありますが、「その後」を知っている日本人からすると、「いつか来た道」にしか見えないところもあります。
この辺は冬休み中にでもちゃんと書きたいと思っていますが、生産力過剰で賃金コストが上昇している中国は、まさに米日の数十年あとを突っ走ってきたわけで、遠くない将来、米欧のように安価な労働力を移民に求めるか、日本のように国内で収奪(非正規労働者という二級市民を作る)か、あるいは第三の道を進むかの選択に迫られます。社会主義中国では、「共産党」が一党独裁を担っている以上、ドグマの上から第二の道を取ることはできず、かといって人口過剰のため第一の選択肢もなく、内実は相当に苦しい状態にあるのです。
ゲーマー的に言えば、「いまこの時点では勝っているけど、これって実は詰んでないか?」という感じ。一般的なゲームとの違いは、自分が負ければ、相手が勝つというわけではなく、「全員負け」という可能性も十分にあるということでしょう。

教育現場についてはあまり触れていませんが、中国の学生の現状はなかなかに惨憺たるもので、中国に10年近くおられる先輩も急速な水準低下に驚いているほどです。日本で言えば、1960年代の学生がいきなり80年代や90年代の学生になってしまったかのようなもので、すっかりレジャーランドあるいは就職予備校になっています。
少し前までは、「都会っ子はダメだが、地方出身者は真面目」という風潮があったのですが、いまや地方出身者が少なくなっていることと、その地方出身者も水準が著しく低下しているということです。
もちろん、真面目な学生もいるのですが、全体的なレベルが低下すると、授業の水準はどうしても中央値に合わせるほか無く、真面目な学生からすると物足りなくなってしまい、やる気をそいでしまう問題が生じています。

中国では29日が仕事納めで、2日から授業(試験含む)という日程で、まだまだゆっくりできる環境にはありませんが、30、31日と二連チャンでゲーム納めをして、新年と試験(成績付け)に臨みます。
一月末には一時帰国する予定です(入国拒否されなければ笑)。

それでは、皆さんも良い年をお迎え下さい。
posted by ケン at 11:31| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする