2019年01月25日

今更だけど、ロシア学徒からの一提案

ロシア人との交渉は難しい。難しいというのは、タフネスが要求される点で、ロシア人は外交と軍事はほぼ一体的に考えており、基本は火力優勢主義でゴリ押しと破壊を旨とする。
明治の名残があった頃の日本人は、まだ頑張れたが、牙を抜かれたような戦後の日本人には、ロシア人の相手は務まらなくなっている。

例えば、ラブロフ外相の強硬姿勢は、日本側がアメリカの傘の下にあって強気に出られず、自立的な武力行使もできないことを熟知して、いわば馬鹿にしているのだ。
ロシア人から信用されるためには、基本的に教養は二の次で、己の蛮性を見せつけ、対等であることを示すのが良い。
その意味で、幕末・明治の薩摩人や鹿児島県人が現存すれば、最も交渉に適していたはずだった。
が、存在しないものを頼っても意味は無い。

そこでケン先生の提案である。
自衛隊の最大戦力をもって北海道に集結、戦後最大規模の軍事演習を行うのである。
いわば関特演の再演だ。

スターリンが飢餓輸出を行ってまで重工業化と重武装を推し進めたのは、「遠からずして日本とポーランドが挟撃してくる」という恐怖心に起因していた。今日からすると馬鹿げているにもほどがあるが、本気も本気だったのだ。
今のロシアは、世界の戦力の3分の2を占めるNATOと対峙しており、その脅威度はポーランドなど全く比較にならない。
だからこそラブロフ氏が日本を威嚇し、プーチン氏がなだめ役を努めている。

日本に求められているのは、「武力行使を厭わない」姿勢であり、それを示さない日本はどこまでもロシア人から信用されない構図にある。
日ソ中立条約が締結されたのは、ノモンハンで大損害を被りながらも、日本軍が「本気」を見せたことが大きく作用している。

仮に平和憲法の規定により、こうした演習ができないのであれば、軍事力を持つ意味は限りなく小さくなってしまい、21世紀にあって米中ロの狭間で生き延びられるか心配になってくる。
posted by ケン at 12:00| Comment(8) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする